@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一般廃棄物【いっぱんはいきぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般廃棄物
いっぱんはいきぶつ
1970年制定の「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)の用語で,産業廃棄物以外の廃棄物をいう。家庭から出るごみや粗大ごみ以外に,糞尿も含まれる。また商店や飲食店,オフィス,学校など,家庭以外から出る廃棄物も,産業廃棄物として指定されたもの以外は一般廃棄物とされ,事業系一般廃棄物と呼ばれる。廃棄物処理法は,生活環境の保全支障がないように収集処理することを市町村に義務づけている。ごみ処理方法は焼却および埋め立てが大部分であるが,高分子化合物不燃物など処理困難な廃棄物が増加し,加えて最終処分のための埋立地の不足から,各地でごみ処理をめぐる紛争が発生しており,有効利用の方法を見つけて処分量を減らすいわゆる資源の再利用(→リサイクル)がはかられている。なお事業系一般廃棄物は原則として自分で処理することとされているため,許可を受けた処理業者に有料で処理を委託する方法をとっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

一般廃棄物
廃棄物は、家庭が出す一般廃棄物(一廃)と、工場など事業所が出す産業廃棄物(産廃)に分けられる。一廃と産廃については、廃棄物処理法で定められている。産廃は、燃えがら、汚泥、廃プラスチック類、鉱さい、建設廃材、畜産農業にかかわる動物の死体やふん尿など20種。事業者に処理が義務付けられている。年間排出量は約4億1200万t(2003年度)で、一般廃棄物(5161万t)の約7.9倍。一般廃棄物は家庭ごみと商店やビルなどから出る事業系ごみに分かれ、市町村に処理責任がある。
(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

いっぱんはいきぶつ【一般廃棄物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

いっぱん‐はいきぶつ【一般廃棄物】
家庭、商店、事務所などから出るごみ。一般ごみ。→産業廃棄物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般廃棄物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一般廃棄物の関連情報

関連キーワード

黒人問題人種別職業構成の割合鉄鋼業佐藤栄作内閣アラバール多国籍企業野村芳太郎フーアモン・デュールアルトマン(Robert Altman)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation