@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一般教養【いっぱんきょうよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般教養
いっぱんきょうよう
職業的専門的知識技能に対し,広く人間として共通にもつべき教養。ギリシア時代の自由教育を原型とするヨーロッパにおける伝統的な概念で,時代により,その時代の特徴を反映したいろいろな様態を示したが,人間の普遍的,全体的,調和的完成を目指す点では一貫していた。元来,教養の主体は知識階級に限られ,したがって内容的に高い知性を必要とし,貴族的性格は否めなかったが,J.ペスタロッチや F.フレーベルらはこの高踏性を排し,一般大衆の人間性の開発のための基礎陶冶として,知性のみならず情操,労作を含めた新しい教養を主張した。すべての人間が法的に平等を保障され,かつなんらかの職業につくことを要求される現代では,専門知識との関係において,一般教養はさらに新たな展開をとげることを求められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いっぱん‐きょうよう〔‐ケウヤウ〕【一般教養】
専門的、職業的教養に対して、広く一般に必要とされる教養。
大学で、すべての学生に課せられる、専門教科以外の人文科学・社会科学・自然科学に関する基礎教養。俗に般教(ぱんきょう)ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっぱんきょうよう【一般教養】
広く人間として要求される教養。また、専門的教養の基礎としての広い教養。
一般教育に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

一般教養
いっぱんきょうよう
特定の職業や専門の枠を超えて、広く人間として、また社会人としてもつべき知識や技能をさす。生活に直接役だてているという即時的なものではなく、精神を深め豊かにすることを目的とし、人生をより意義深くする観点から主張された。古代ギリシアの自由人がもつべきとされたエンキュクリオス・パイデイアε’γκκλιο παιδεαつまり一般的教養ないし一般的教育に起源をもつ、ヨーロッパにおける伝統的な人間教養の理想となっている概念である。ルネサンス期の人文主義および18世紀の新人文主義にその思想が復活、発展した。現代では、科学技術の発展によって人文と科学との関係および知識の専門化の点から、一般教養の意義が現代的展開を遂げるよう迫られている。[諏訪内敬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっぱん‐きょうよう ‥ケウヤウ【一般教養】
〘名〙
① だれにでも共通して必要とされる教養。また、専門的、職業的教養の基礎となる広い教養。
※学生と教養(1936)〈鈴木利貞編〉教養としての哲学〈桑木厳翼〉一「一般教養として哲学史的知識の適当なことを考へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般教養」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一般教養の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation