@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一般財源【いっぱんざいげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一般財源
いっぱんざいげん
地方公共団体収入分類法の一つ。地方公共団体の収入は,その使途特定されていない一般財源と,その使途が特定の目的に限定されている特定財源とに区分される。前者地方税地方交付税地方譲与税,国有施設等所在市町村交付金および納付金,都道府県交付金,一般寄付金,繰越財源があり,一部の使用料もこれに含まれる。後者には国庫支出金,都道府県支出金,地方債などのいわゆる依存財源のほか,分担金,使用料,手数料などの自主財源がある。これらを特定財源というのは,個々の公共サービスにその使途が特定されているからであり,たとえば国庫支出金は,国により特定の公共サービスに支出することを義務づけられている。地方自治のためには地方公共団体が収入を自由に使用できる裁量権をもつことが重要であり,一般財源の比率の大きいことが望ましいが,地方財政の歳入構成比に占める一般財源の割合はかなり小さい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

一般財源
地方自治体の財源を、収入の使途別に分類すると、一般財源はいかなる経費についても使用できる収入をいう。地方税、地方譲与税、地方特例交付金および地方交付税が一般財源とされる。これに対して、特定財源は一定の使途にのみ使用できる収入をいう。代表的なものは、国庫支出金、地方債である。地方自治体の財源の分類のしかたには、さらに自主財源と依存財源の区別もある。前者は自治体が自分で調達し、後者は国から与えられるものである。自主財源には、地方税・分担金・負担金、使用料、手数料、財産収入、寄付金などが含まれる。依存財源には、国庫支出金、地方譲与税、地方特例交付金、地方交付税、地方債などがあり、その額と内容は国によって左右される。ただし、地方債については2006年度以降は、国との事前協議で同意が得られなくても起債ができることになった。
(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

一般財源
特定財源」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

いっぱん‐ざいげん【一般財源】
使途に指定がなく、国や地方自治体が自由に使える財源。所得税・都道府県税など。→特定財源

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっぱんざいげん【一般財源】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いっぱん‐ざいげん【一般財源】
〘名〙 国や地方公共団体の収入の中で、使い方が特に定められていないもの。地方財政では地方公共団体が独自に使える財源をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般財源」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一般財源の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation