@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一見【イチゲン】

デジタル大辞泉

いち‐げん【一見】
初めて会うこと。特に、旅館や料理屋などの客がなじみでなく、初めてであること。また、その人。「一見さんはお断りしています」
遊里で、遊女に初めて会うこと。初会。
「―に馴れ馴れしきことながら」〈浄・万年草

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっ‐けん【一見】
[名](スル)
一度見ること。ひととおり目を通すこと。「一見に値する」「百聞は一見に如(し)かず」
ちらっと見ること。「一見して事の重大さを悟った」
(副詞的に用いて)ちょっと見たところ。「一見まじめそうな人」
一度会うこと。初対面。いちげん。
「―ながら武士の役、見殺しにはなりがたし」〈浄・天の網島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐げん【一見】
〘名〙
① (「げん」は「げんざん(見参)」の略) 初めて対面すること。
※仮名草子・心友記(1643)下「大かた人間の心は、一げんにて見ゆるなり」
② なじみでなく、初めてであること。もと、上方の遊里で「初会」の意に用いたが、のち、一般町家でも用いた。一面識。
※浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)中「今日の客は一げんの田舎の侍」
③ 婚礼諸式の一つ。婿が初めて嫁の親に対面すること。初婿入り。もともと婿入婚の儀式であったが、嫁入婚になって意味内容が混乱し、親族の初対面や里帰りの挨拶の意にまで使われるようになった。
※人情本・萩の枝折(1818‐30)前「婚礼の前に聟どのを、一現(ゲン)に連れて来て下すっては」
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「痛はし共笑止(せうし)共一げんながら武士の役」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっ‐けん【一見】
〘名〙
① (━する) 一度見ること。一通り見ること。ちらっと見ること。一覧。
※古今著聞集(1254)二〇「微禽奇体、今遂一見之望
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)あさか山「黒塚(くろつか)の岩屋一見し、福島に宿る」 〔漢書‐趙充国伝〕
② (━する) 一度会うこと。初対面。いちげん。
③ (副詞的に用いて) ちょっと見ると。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「其一見人を射るの異彩なきにもせよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation