@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一重項酸素

栄養・生化学辞典

一重項酸素
 1O2と書く.通常大気中に存在する酸素三重項酸素の状態で,これにエネルギーが与えられると一重項酸素になる.エネルギーを放出して安定な三重項酸素になりやすいため,反応性に富む.活性酸素の一つ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちじゅうこう‐さんそ〔イチヂユウカウ‐〕【一重項酸素】
活性酸素の一。励起状態にある酸素分子であり、高い反応性を有する。分子軌道の一つが一重項状態というスピン量子数がゼロの状態にある。生体内で発生した場合、その寿命は数マイクロ秒程度と非常に短い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

一重項酸素
イチジュウコウサンソ
singlet oxygen

酸素分子には基底状態(3Σg)の上に比較的エネルギーの低い励起状態,1Δg1Σg が存在するが,これら二つの一重項状態にある酸素をまとめて一重項酸素とよぶ.1Δg1Σg 準位は基底状態から,それぞれ94.7,157.8 kJ mol-1 のエネルギーの高さにある.

1Δg3Σg1Σg3Σg
の(0-0)帯は,それぞれ1268,761.9 nm にあって大気酸素帯(atmospheric oxygen band),赤外大気酸素帯(infrared atmospheric oxygen band)として知られている.これら二つの遷移はともに磁気双極子遷移であり,さらに一重項-三重項のスピン禁制遷移であるため,遷移確率は非常に小さく,前者では自然寿命2.6×10-4 s-1,後者では0.14 s-1 程度である.このため,基底状態から一重項酸素への吸収は,常圧の気体中ではきわめて小さいが,液体酸素中,高圧酸素中では酸素分子間の相互作用によって遷移確率の増大した

(3Σg3Σg)→(1Δg1Δg),(1Δg1Σg),(1Σg1Σg)
のような吸収が強く現れ,その一部が液体酸素の青色の原因となっている.一重項酸素は自然界には地球の上層大気中に存在することが,その発光スペクトルから確かめられているが,実験室的には,気相では酸素のマイクロ波放電,液相では次亜塩素酸ナトリウム過酸化水素の水溶液中の反応,またはローズベンガル,メチレンブルーなどの色素を増感剤とする光増感反応などで生成することができる.一重項酸素のうち,とくに O2(1Δg)は周囲の酸素分子や水分子によって脱活されにくく,気相および液相中で多くの有機化合物と特異的な反応をする.O2(1Δg)と有機化合物との反応としては,ジエン類に対する1,4付加反応,アリル水素をもつオレフィンとの反応によるヒドロペルオキシドの生成,また電子密度の高い二重結合への付加によるジオキセタンの生成などが知られている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一重項酸素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一重項酸素の関連情報

関連キーワード

活性酸素活性酸素三重項酸素活性酸素

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation