@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

一風【イップウ】

デジタル大辞泉

いっ‐ぷう【一風】
一つの流儀・様式。「一風を成す」
(副詞的に用いる)他のものと、どこか違ったところが見られること。他のものに感じられない一種のおもむき。「一風変わっている」
掛け軸表装で、一文字(いちもんじ)風帯(ふうたい)とを合わせた略称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっぷう【一風】
一つの流儀。
態度・やり方などの、ほかとちょっと変わっているさま。 -変わった人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐ぷう【一風】
〘名〙
① ひとたび風が吹くこと。また、ひとふきの風。〔論衡‐是応〕
② 一つの風流、風雅。他と違う、一つの流儀、特色。
※拾玉得花(1428)「然者(しかれば)、万曲に通じて、一風(プウ)、一音、一弾指(だんし)の機にあたるも、序破急成就也」
※俳諧・去来抄(1702‐04)修業「先師是を能(よく)見とりて、一風に長くとどまるまじきことを示し給へり」
③ (副詞的に用いることが多い) 態度、やり方や物事の状態などの一種変わったおもむき。ちょっとした点。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「儒者や淄徒(ばうず)の輩には妙な一風(イップウ)のある男が沢山あった」
④ 表装で用いることば。「いちもんじ(一文字)」と「ふうたい(風帯)」の意の略称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ふう【一風】
〘名〙 特に、常人とはちょっと異なった趣・様子。ひとつの趣。ちょっとした点。いっぷう。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「女房をおとりに商ふ店付き一風(ヒトフウ)有」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation