@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丁子頭【チョウジガシラ】

デジタル大辞泉

ちょうじ‐がしら〔チヤウジ‐〕【丁子頭】
灯心の燃えさしの頭にできる、チョウジの実のような丸いかたまり。俗に、これを油の中に入れると貨財を得るといわれる。ちょうじあたま。ちょうじばな。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうじ‐がしら チャウジ‥【丁子頭】
〘名〙
① 灯心の燃えさしの先端にできる黒いかたまり。形が丁子の実に似ているところからいう。俗に、これを油の中に入れると貨財を得るといわれ、吉兆瑞祥とした。ちょうじあたま。ちょうじばな。
※今物語(1239頃)「堀川、ともし火はたきものにこそ似たりけれ といひたりければ、兵衛とりもあへず、ちゃうしかしらの香やにほふらん とつけたりける」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「昨夜の吉燈(チャウジガシラ)を喜び、今朝の愁鵲(からすなき)を気にやむたぐひ」
② 勾玉の頭部、貫通孔を中心とした三条の放射状の刻線をいう。その形から丁子の花柄を連想した名称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁子頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丁子頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation