@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七ッ釜【ななつがま】

世界大百科事典 第2版

ななつがま【七ッ釜】
東松浦半島の北東端,佐賀県唐津市屋形石の土器崎にある玄武岩質の海食洞(天)。七つの洞門が釜を並べたように開口することからこの名がある。玄界灘の荒波に浸食された高さ約40mの断崖には,玄武岩の柱状節理がみられる。大きな海食洞は,幅・高さとも約3m,奥行きが100m有余に及ぶ。玄海国定公園,玄海海中公園の一角をなす。近くには,神功皇后朝鮮出兵の伝承にちなむ土器崎神社がある。【川崎 茂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

七ッ釜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七ッ釜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation