@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七十二候【しちじゅうにこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七十二候
しちじゅうにこう
中国,日本に古くから普及している季節区分二十四節気太陽黄経によって1年を 24等分したものであるが,昔中国では各気をさらに三候に細分して七十二候とし,中国の故事にちなむ名前 (獺祭魚,鹿角解など) や自然現象にちなむ名前 (東風解凍,桃始華,虹始見など) をつけて呼んでいた。前3世紀頃,中国では七十二候が完備し,それがそのまま日本のに採用されたが,中国と日本とでは気候が必ずしも一致せず,また動物や植物にも多少の違いがあるので,江戸時代に日本独自の本朝七十二候がつくられた。たとえば中国の獺祭魚は日本で土脈潤起,萍始生は葭始生,王瓜生は竹笋生,反舌無声は梅子黄などである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しちじゅうに‐こう〔シチジフニ‐〕【七十二候】
二十四節気の各節気をそれぞれ三つに分けたもの。
72句からなる連歌連句の一形式。懐紙の初表(しょおもて)8句、初裏14句、二の表・裏と名残の表に各14句、名残の裏8句を書き連ねたもの。
[補説]1は、日本では具注暦などに中国渡来のものがそのまま記されていたが、貞享暦作成の際に日本の気候に合うよう改められた。例えば、春分は玄鳥至(ツバメが南から来る)・電乃発声(雷鳴がとどろき始める)・始電(稲光が初めて光る)の三つに分けられていたものが、日本では雀始巣(スズメが巣をかける)・桜始開(サクラの花が咲き始める)・雷乃発声(雷鳴がとどろき始める)とされる。

七十二候(明治の略本暦による)
二十四節気日取り(頃)七十二候
立春初候2月4日~2月8日東風解凍(はるかぜこおりをとく)
立春次候2月9日~2月13日黄鶯睍睆(こうおうけんかんす)
立春末候2月14日~2月18日魚上氷(うおこおりをいずる)
雨水初候2月19日~2月23日土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
雨水次候2月24日~2月28日霞始靆(かすみはじめてたなびく)
雨水末候3月1日~3月5日草木萌動(そうもくめばえいずる)
啓蟄初候3月6日~3月10日蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
啓蟄次候3月11日~3月15日桃始笑(ももはじめてさく)
啓蟄末候3月16日~3月20日菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
春分初候3月21日~3月25日雀始巣(すずめはじめてすくう)
春分次候3月26日~3月30日桜始開(さくらはじめてさく)
春分末候3月31日~4月4日雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
清明初候4月5日~4月9日玄鳥至(つばめきたる)
清明次候4月10日~4月14日鴻雁北(こうがんかえる)
清明末候4月15日~4月19日虹始見(にじはじめてあらわる)
穀雨初候4月20日~4月24日葭始生(あしはじめてしょうず)
穀雨次候4月25日~4月29日霜止出苗(しもやみてなえいずる)
穀雨末候4月30日~5月4日牡丹華(ぼたんはなさく)
立夏初候5月5日~5月9日鼃始鳴(かわずはじめてなく)
立夏次候5月10日~5月14日蚯蚓出(みみずいづる)
立夏末候5月15日~5月20日竹笋生(たけのこしょうず)
小満初候5月21日~5月25日蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
小満次候5月26日~5月30日紅花栄(べにばなさかう)
小満末候5月31日~6月5日麦秋至(むぎのときいたる)
芒種初候6月6日~6月10日蟷螂生(かまきりしょうず)
芒種次候6月11日~6月15日腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)
芒種末候6月16日~6月20日梅子黄(うめのみきばむ)
夏至初候6月21日~6月26日乃東枯(なつかれくさかるる)
夏至次候6月27日~7月1日菖蒲華(あやめはなさく)
夏至末候7月2日~7月6日半夏生(はんげしょうず)
小暑初候7月7日~7月11日温風至(あつかぜいたる)
小暑次候7月12日~7月16日蓮始開(はすはじめてひらく)
小暑末候7月17日~7月22日鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)
大暑初候7月23日~7月28日桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
大暑次候7月29日~8月2日土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
大暑末候8月3日~8月7日大雨時行(たいうときどきふる)
立秋初候8月8日~8月12日涼風至(すずかぜいたる)
立秋次候8月13日~8月17日寒蝉鳴(ひぐらしなく)
立秋末候8月18日~8月22日蒙霧升降(ふかききりまとう)
処暑初候8月23日~8月27日綿柎開(わたのはなしべひらく)
処暑次候8月28日~9月1日天地始粛(てんちはじめてさむし)
処暑末候9月2日~9月7日禾乃登(こくものすなわちみのる)
白露初候9月8日~9月12日草露白(くさのつゆしろし)
白露次候9月13日~9月17日鶺鴒鳴(せきれいなく)
白露末候9月18日~9月22日玄鳥去(つばめさる)
秋分初候9月23日~9月27日雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
秋分次候9月28日~10月2日蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
秋分末候10月3日~10月7日水始涸(みずはじめてかるる)
寒露初候10月8日~10月12日鴻雁来(こうがんきたる)
寒露次候10月13日~10月17日菊花開(きくのはなひらく)
寒露末候10月18日~10月22日蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
霜降初候10月23日~10月27日霜始降(しもはじめてふる)
霜降次候10月28日~11月1日霎時施(こさめときどきふる)
霜降末候11月2日~11月6日楓蔦黄(もみじつたきばむ)
立冬初候11月7日~11月11日山茶始開(つばきはじめてひらく)
立冬次候11月12日~11月16日地始凍(ちはじめてこおる)
立冬末候11月17日~11月21日金盞香(きんせんかさく)
小雪初候11月22日~11月26日虹蔵不見(にじかくれてみえず)
小雪次候11月27日~12月1日朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
小雪末候12月2日~12月6日橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
大雪初候12月7日~12月11日閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)
大雪次候12月12日~12月16日熊蟄穴(くまあなにこもる)
大雪末候12月17日~12月21日鱖魚群(さけのうおむらがる)
冬至初候12月22日~12月26日乃東生(なつかれくさしょうず)
冬至次候12月27日~12月31日麋角解(さわしかのつのおつる)
冬至末候1月1日~1月4日雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)
小寒初候1月5日~1月9日芹乃栄(せりすなわちさかう)
小寒次候1月10日~1月14日水泉動(しみずあたたかをふくむ)
小寒末候1月15日~1月19日雉始雊(きじはじめてなく)
大寒初候1月20日~1月24日欵冬華(ふきのはなさく)
大寒次候1月25日~1月29日水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
大寒末候1月30日~2月3日雞始乳(にわとりはじめてとやにつく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちじゅうにこう【七十二候】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

七十二候
しちじゅうにこう

中国の暦で二十四節気(にじゅうしせっき)の各1気をさらに3等分して、1候をほぼ5日の3候とし、1年を72候とし、そのおのおのに太陽があるときの季節に相応する名称を付して、これを七十二候という。たとえば春分2月中の第一候を玄鳥至、第二候を電乃発声、第三候を始電という。日本でも具注(ぐちゅう)暦には記載されたが、仮名暦の頒暦には一般に記載されなかった。初めは中国渡来のままの名称で暦に記載されたが、これでは日本の時候に適合しないので、渋川春海(しぶかわはるみ)は1685年(貞享2)「貞享(じょうきょう)暦」施行のとき、日本に適するような名称に改めて「新制七十二候」を制定した。さらに1755年(宝暦5)宝暦(ほうれき)改暦で土御門(つちみかど)(安倍(あべ))泰邦(やすくに)によっていくらか改められたが、以後改訂もなく用いられてきた。1873年(明治6)太陽暦施行後も83年まで略本暦には記載された。

[渡辺敏夫]

『渡辺敏夫著『日本の暦』(1976・雄山閣出版)』『川口謙二他著『こよみ事典』(1977・東京美術)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しちじゅうに‐こう シチジフ‥【七十二候】
〘名〙
① 陰暦で、五日を一候とし、三候を一気とし、六候を一か月とし、二十四気すなわち一年間を七二分して季候の変化を示したもの。正月の第一気「立春」に「東風解凍、蟄虫始振、魚上冰」、「立秋」に「涼風至、白露降、寒蝉鳴」、「立冬」に「水始冰、地始凍、雉入大水蜃」とする類。〔拾芥抄(13‐14C)〕
※十善法語(1775)五「雲をみて楽むものよく四季七十二候の変をしるといふ」
② 俳諧で、七二句からなる連句形式。懐紙三枚に、表八句裏一四句、二の表・二の裏・名残の表各一四句、名残の裏八句、計七二句をつらねたものをいう。〔俳諧・俳諧古今抄(1730)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七十二候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七十二候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation