@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七尾【ナナオ】

デジタル大辞泉

ななお〔ななを〕【七尾】
石川県、能登半島東岸部と能登島からなる市。七尾湾に面する貿易港。もと能登国府の所在地。漁業窯業製材業が盛ん。和倉温泉がある。人口5.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

七尾(なのう)
東京都青ケ島村、伊豆諸島の青ケ島に属する無人島。2009年に政府の総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づき、名称付与された離島のひとつ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ななお【七尾】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ななお ななを【七尾】
[一] 石川県北部の地名。能登半島の東部にあり、富山湾およびその支湾の七尾湾に面する。七尾湾内の能登島も含む。天然の良港の七尾港があり、古くは能登国の国府・国分寺が置かれていたと伝えられる。室町時代に七尾城が築城され、明治維新後七尾県の県庁所在地となる。かつてはセメント・珪藻土・造船などの工業が行なわれたが現在は漁業・木工業が主。昭和一四年(一九三九)市制。
[二] 明治二年(一八六九)能登国に設置された県。同五年、石川県に合併された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七尾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七尾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation