@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七時雨山【ななしぐれやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七時雨山
ななしぐれやま
岩手県北西部,八幡平市東部にある火山標高 1063m。八幡平から分岐して東に延びる火山列の一つで,火山噴出物からなるなだらかな広い裾野をもつ。かつてこの山麓に陸奥北部と出羽北部を結ぶ「流霰路 (ながれしぐれみち) 」が通じていた。盛岡藩時代は尾去沢鉱山 (秋田県) -盛岡間の輸送路として使われ,南麓の寺田は宿場集落として栄えた。 1878年平館より松尾,荒沢を経由する津軽街道の改良によって流霰路は衰退。広い裾野は古くから南部馬の産地。近年は酪農業が発達。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ななしぐれ‐やま【七時雨山】
岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市にある山。標高1063メートル。山麓には牛馬放牧地が広がる。名の由来は、一日に七度も時雨が降るほど天候が変化することからという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

七時雨山
ななしぐれやま

岩手県北西部、八幡平市(はちまんたいし)にある山。標高1063メートル。八幡平から分岐する七時雨火山横列で、なだらかな裾野(すその)を引いている。山麓(さんろく)は古くから南部馬(なんぶうま)の産地であった。北麓の田代平(たしろたい)は草地で放牧場となっており、酪農も盛ん。なお、古代には山麓を陸奥(むつ)と出羽(でわ)を結ぶ流霰路(ながれしぐれみち)とよばれる道路が通じていたという。江戸時代には盛岡、平館(たいらだて)、寺田を経て荒屋(八幡平市)に至る道が通り、南麓の寺田は宿場集落として栄えた。

[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

七時雨山
(岩手県八幡平市)
日本山岳遺産」指定の地域遺産。
七時雨山(ななしぐれやま,標高1063m)は、麓を岩手と秋田をつないだ鹿角街道が通り、山と人の歴史を感じる山。〔支援団体〕七時雨ロマンの会。〔活動内容〕登山道の整備や山と史跡に触れるツアーを開催。地元小学生を対象に山麓を流れる染田川での環境教育活動

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七時雨山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七時雨山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation