@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七王国【しちおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七王国
しちおうこく
Heptarchy
6世紀末頃から9世紀までイギリスに建設されたアングロ・サクソン諸部族の国家。ノーサンブリアマーシアイーストアングリア,エセックスケントサセックスウェセックスの7国をさす。七王国 Heptarchyの語は,もともとギリシア語の「七」と「支配」に由来する。ベーダの『イギリス教会史』によれば,ケントはジュート人,イーストアングリア,マーシア,ノーサンブリアはアングル人,サセックス,エセックス,ウェセックスはサクソン人に属するとしているが,むしろ民族的にはアングロ・サクソン人として融合していたとみなすべきであろう。七王国は互いに覇を競ったが,9世紀前半ウェセックスのエグベルト王が支配権をふるうようになり,829年イングランドを統一。さらに 886年ウェセックスのアルフレッド大王はデーン人の侵入に対抗し,諸王国を最終的に統一してウェセックス王国を確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちおうこく【七王国 Heptarchy】
5~9世紀にかけて,イングランドに渡来・定着したアングロ・サクソン人が形成した小部族王国。東南部のケント(ジュート人建国),テムズ川下流を占めたエセックス,西部に発展したウェセックス,南部のサセックス(以上サクソン族が建国),東部のイースト・アングリア,中部のマーシア,北部のノーサンブリア(以上アングル族が建国)の7国をいう。これら諸国は先住のブリトン人と戦って征服をすすめる一方,相互の間でも覇権をめぐって抗争し,6世紀末にはエゼルベルフト(エセルバート)王(在位560‐616)治下のケントが有力になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しち‐おうこく ‥ワウコク【七王国】
中世初期イギリスにアングロサクソン人のたてた七つの王国。ケント、サセックス、イーストアングリア、ウェセックス、エセックス、マーシア、ノーサンブリアの七国。一種の部族国家で、長く抗争を続けたが、八二九年ウェセックスのエグバートが七王国を制覇しイングランド統一の基をつくった。ヘプターキー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

七王国
しちおうこく
Heptarchy
イギリスの中世初期に成立した,アングロ−サクソン族の七王国の総称。「ヘプターキー
部族国家の形態をとり,6世紀半ばごろから9世紀前半にかけて勢力をはったサセックス・ケント・イースト−アングリア・エセックス・ノーサンブリア・マーシア・ウェセックスの7つの小国。829年ウェセックス王エグバートにより,ほぼ全イングランドが統一された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

七王国
しちおうこく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七王国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation