@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七節【ナナフシ】

デジタル大辞泉

なな‐ふし【七節/竹虫】
ナナフシ目ナナフシ科の昆虫。体長7~10センチ。体や脚は細長く、竹の枝に似て、緑色または褐色。翅(はね)はない。コナラクマイチゴなどの葉を食べる。たけのふしむし。
ナナフシ目の昆虫の総称。体は植物の枝や葉に色・形とも似て、翅は短いか、ない。しばしば単為生殖をし、不完全変態は植物の種子を思わせる。ナナフシ・エダナナフシコノハムシなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ななふし【七節】
ナナフシ目ナナフシ科の昆虫。体長7~10センチメートル。小枝に似た細長い体に短い触角と長い脚をもつ。全身褐色か緑色。擬態の例として有名。本州・四国・九州に分布。タケノフシムシ。
ナナフシ目の昆虫の総称。エダナナフシ・トビナナフシ・コノハムシなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なな‐ふし【七節】
〘名〙
① ナナフシ目ナナフシ科の昆虫。体長七~一〇センチメートル。体は細長く小枝状で、腹部に七個の節がある。はねはなく、触角と三対のあしは長い。全身緑色ないし褐色を呈し、擬態(ぎたい)の好例とされる。関東以南の本州と九州に分布し、ナラ、サクラなどの葉を食べる。近似種に、エダナナフシなどがある。ななふしむし。たけのふしむし。〔日本昆虫学(1898)〕
② ナナフシ目に属する昆虫の総称。体長三六~一四九ミリメートル。同一種間では雄よりもメスの方が目立って大形。体は緑または褐色で細長く、植物の葉や枝に擬態している。不完全変態。危険がせまるとあしを自切する。熱帯を中心に生息し、日本には二科約一八種が分布する。
③ 尺八の異称。
※俳諧・春鴻句集(1803頃)春「梵論字か笛は七節門柳」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation