@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七里半越【しちりはんごえ】

世界大百科事典 第2版

しちりはんごえ【七里半越】
琵琶湖北岸の海津(滋賀県高島郡マキノ町)から路原(ちはら)を経て県境を越え越前(福井県)敦賀津に至る西近江路は,道程約7里半あるというので古来七里半越と呼ばれる。古代三関の一つである愛発関(あらちのせき)は,このルートに沿って(県境の福井側)いるので,この路は〈愛発越〉ともいう。このルートは若狭・越前以北の日本海岸諸国と京師を結ぶ〈北陸道〉の一部で,律令時代から,北国ならびに山陰の物資はまず敦賀に集められ,この西近江路(七里半越)と,途中から深坂越えをして塩津に至るルートとによって,海津や塩津に運ばれ,そこから湖上舟運で大津~京都に輸送される定めであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七里半越
しちりはんごえ
西近江路」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七里半越」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七里半越の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation