@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七里長浜【しちりながはま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七里長浜
しちりながはま
青森県北西部,津軽半島西部,日本海に面する海岸。十三湖の湖口から鰺ヶ沢にいたる約 30kmの砂浜で,背後には屏風山砂丘帯が迫る。冬季には激しい季節風に見舞われる。屏風山には江戸時代に弘前藩により造成された防風防砂林があり,後背部に広がる津軽平野水田を保護している。現在,砂丘地帯では,スイカメロン栽培が行われており,青森県農業試験場砂丘分場がある。津軽国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しちり‐ながはま【七里長浜】
青森県、津軽半島西部にある海岸。南北に約30キロメートルの砂浜が続く。背後は屏風山津軽国定公園に属する。地名由来は「七里も続く長い砂浜」から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちりながはま【七里長浜】
青森県西部,北は十三湖から南は鰺ヶ沢にかけての日本海に面する延長28kmの単調な砂浜海岸。背後に南北約30km,東西約4kmにおよぶ屛風(びようぶ)山砂丘が発達し,津軽藩の新田開発の際,防砂と水源涵養(かんよう)の目的で植林された松林で覆われている。昭和40年代以降砂丘地の開墾が盛んで,スイカ,メロン,ブドウ,野菜などが栽培されている。【横山

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

七里長浜
しちりながはま
青森県津軽半島西海岸の鰺ヶ沢(あじがさわ)から十三(じゅうさん)湖にかけての砂浜をいう。延長28キロメートルの単調な海岸で、背後に屏風山(びょうぶさん)の砂丘が発達する。砂浜のため港はなく、付近海上の漁獲にも恵まれない。また冬の海からの季節風が激しいために集落もほとんどみられない。津軽国定公園域に含まれる。[横山 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七里長浜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七里長浜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation