@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

七面鳥【シチメンチョウ】

デジタル大辞泉

しちめん‐ちょう〔‐テウ〕【七面鳥】
キジ目シチメンチョウ科の。北アメリカに分布全長約1.1メートル。光沢のある青黒色からくびにかけての皮膚の裸出部が青・赤色などに変化する。家禽(かきん)としたものをクリスマス料理などに用いる。ターキー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しちめんちょう【七面鳥】
キジ目キジ科の鳥。北米の原産。頭から首にかけて皮膚が裸出し、頭部ではいぼ状、あごの下では肉塊状をなし、色が赤・青・紫などに変わるのでこの名がある。羽色は青銅色。肉質がよく、クリスマスや感謝祭の料理用に飼育。吐綬鶏とじゆけい。ターキー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

七面鳥 (シチメンチョウ)
学名:Meleagris gallopavo
動物。キジ科の鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しちめん‐ちょう ‥テウ【七面鳥】
〘名〙
① キジ科シチメンチョウ亜科の鳥。全長約一・二メートル、重さ一〇~一五キログラムになる。頭部に肉いぼ、あごの下に肉だれがある。興奮したりすると、頭部からくびにかけて裸出した皮膚が青・赤などに変化することからこの名がある。雄は求愛するとき尾羽を扇状に広げ、雌に誇示する。原種は北アメリカの草原に野生。食用として世界各地で飼育。羽色は品種によって異なるが青銅色や白色のものが多く飼われる。欧米ではニワトリにつぐ重要な家禽(かきん)で、クリスマス・感謝祭の料理に用いられる。ターキー。カラクン鳥。海(うみきじ)
※経済小学家政要旨(1876)〈永峰秀樹訳〉一〇「火雞 原名『トルキー』邦名『カラクンテフ』又七面鳥」
② 心の変わりやすい人のたとえ。〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七面鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七面鳥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation