@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

万人祭司【ばんにんさいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万人祭司
ばんにんさいし
universal priesthood
キリスト教神学用語で,すべてのキリスト信者はキリストの司祭職に参与するとの教説。神と人間との間にはこええない断絶がある。したがっていかなる人間も有効に神に近づき,祈りやいけにえを捧げ,恩恵を受けることはできない。いわゆる旧約においては,神がイスラエルの民と特別な契約を結んだゆえ,人間は神に近づけるようになったが,それは全人類ではなく,神がイスラエルのなかから特に選んだ少数の祭司 (階級) を媒介としてであった。これに対してキリスト教では,唯一の仲保者イエス・キリストが十字架上の死と復活によって1回限りでしかも十分ないけにえを捧げたので,以後一切の人間的祭司は無用となり,人間が捧げるいけにえは無効となり,すべての信者は,キリストにおいてだれでも直接に神に近づくことができる。すなわち,すべてのキリスト信者は,キリストにおいて例外なく祭司である。初代教会以来主張されてきたこの教説は,完全に無視されたわけではないが,すでに2世紀から牧会など教会の特別な奉仕に専従する階層が定着し,キリスト教のローマ国教化とともに,いわゆる聖職者が帝国行政機構に組込まれて一種の司祭階級が固定し,中世教会では,万人祭司は背景に埋没した。 16世紀の宗教改革における万人祭司の強調は,このことへの深刻な反省であり,洗礼によってすべての信徒は神の聖務を担当する祭司に任職されるという主張は,階級的身分としての祭司を否定し,神のわざに参与する役割として祭司を理解した。対抗宗教改革期のカトリックでは,当然反動として万人祭司に否定的であったが,第2バチカン公会議 (1962~65) 前後から,見直しが行われ,信徒使徒職が強調されてきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんにんしさい【万人祭司】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

万人祭司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万人祭司の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation