@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

万国公法【ばんこくこうほう】

世界大百科事典 第2版

ばんこくこうほう【万国公法】
アメリカの国際法学者ホイートンHenry Wheaton(中国語表記は恵頓)のスタンダードな国際法の教科書《Elements of International Law》(1836初版)の中国在住アメリカ人宣教師W.マーティン(丁韓良)による中国語訳(底本はおそらく1855年の6版)。1864年刊。翌1865年(慶応1)に幕府開成所により訓点・振りがなを付して翻刻刊行され,維新後も版を重ねた。本書にはなお重野安繹の和訳本(鹿児島藩蔵梓,1870),高谷竜洲の注釈本(済美黌刊,1876)など和訳本・注釈本も数種刊行され,幕末,明治初年に日本の上下を通じて広く読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばんこくこうほう【万国公法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ばんこく‐こうほう ‥コウハフ【万国公法】
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「世の文明に進むに従て一法を設け、これを万国公法と名けり。抑世上に一種の全権ありて、万国必ず此公法を守る可しと命を下すに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばんこく‐こうほう〔‐コウハフ〕【万国公法】
国際法の旧称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万国公法
ばんこくこうほう
国際法」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万国公法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万国公法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation