@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

万年山【はねやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万年山
はねやま
大分県西部,玖珠町南部,九重町との境界付近にある山。標高 1140m。含輝石安山岩の溶岩層の上に,万年山溶岩層を載せた二重式メサ (溶岩台地浸食を受けて残った二重の台状地形) である。山頂ではミヤマキリシマ,ドウダンツツジが美しく,九重連山,阿蘇連峰を一望におさめる眺望は雄大。耶馬日田英彦山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はねやま【万年山】
大分県中西部,玖珠(くす)盆地の南にある山地で,標高1140m。山頂が平たんな典型的メーサ地形の山で,その形から軍艦山とも呼ばれる。上下2段になった二重メーサであることが特色上段は上バネといい万年山溶岩からなり,下段は下バネといい筑紫溶岩からなる。ミヤマキリシマが咲く頂上は眺望がすばらしく,九重山,英彦(ひこ)山,鶴見,由布(ゆふ)岳がみえる。耶馬日田英彦山国定公園に属し,山頂近くまで自動車で行くことができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

まんねんざん【万年山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

万年山
はねやま

大分県西部、玖珠盆地(くすぼんち)の南西側を限る山。標高1140メートル。標高600~900メートルの含輝石安山岩の溶岩層(俗称下バネ)の上に、東西3キロメートル、南北500~600メートルの万年山溶岩層(上バネ)がのる二重式メサ。山頂にミヤマキリシマの群落があり、九重(くじゅう)・阿蘇(あそ)など四周の展望がよく、耶馬日田英彦山国定公園(やばひたひこさんこくていこうえん)に含まれている。山麓(さんろく)を巡るJR久大(きゅうだい)本線豊後森(ぶんごもり)・恵良(えら)・引治(ひきじ)各駅から徒歩3時間、自動車道もある。

[兼子俊一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万年山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万年山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation