@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

万延【マンエン】

デジタル大辞泉

まんえん【万延】
江戸末期、孝明天皇の時の年号。1860年3月18日~1861年2月19日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

まんえん【万延】
日本の元号(年号)。江戸時の1860年から1861年まで、孝明(こうめい)天皇の代の元号。前元号は安政(あんせい)。次元号は文久(ぶんきゅう)。1860年(安政7)3月18日改元。災異(凶事)を断ち切るために行われた(災異改元)。黒船の来寇や江戸城の火災、桜田門外の変などの凶事が念頭にあったとされる。翌1861年に辛酉革命(しんゆうかくめい)による改元が予定されていたことから、この改元に反対する意見もあったが、孝明天皇の強い意向もあって決せられたといわれる。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。万延年間の江戸幕府の将軍は徳川家茂(いえもち)(14代)。この頃、幕府が朝廷の裁下を得ずに日米修好通商条約を締結したことなどから、攘夷派や尊皇派の強い反発を招き、幕威の低下も大きな問題となっていた。政局安定のため公武合体政策が推進され、1860年(万延1)に幕府は、和宮(かずのみや)(仁孝(にんこう)天皇皇女、孝明天皇の異母妹)を将軍家茂の正室とすることを朝廷に要請、一度は拒絶した孝明天皇も、攘夷鎖国の実行を条件に和宮の降嫁を勅許した。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まんえん【万延】
江戸時代、孝明天皇の代の年号。安政七年(一八六〇)三月一八日に改元、万延二年(一八六一)二月一九日に至って次の文久となる。出典は「後漢書‐馬融伝」の「豊千億之子孫、歴万載而永延」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万延」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万延の関連情報

関連キーワード

第二帝政ラトビアフランス史(年表)北京条約カニッツァーロ天津香港マイブリッジオランダ商館日記

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation