@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

万葉調【まんようちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万葉調
まんようちょう
万葉集』の歌全般を通じて特色となっている調べ。狭義には韻律に限っていわれることもあるが,一般には表現,内容と関連づけて論じられることが多い。おおむね素朴雄大,重厚,明朗,直截などの語をもって説明されるが,賀茂真淵が『古今集以後の「たをやめぶり」に対して「ますらをぶり」と評したのは有名。万葉調の意識は後世歌人などの万葉復古の過程から生じたものである。万葉調歌人として鎌倉時代の源実朝,江戸時代の賀茂真淵,田安宗武楫取魚彦 (かとりなひこ) ,村田春海良寛,生田万,平賀元義らがあり,明治になってからは正岡子規が万葉調の復活を唱え,以来伊藤左千夫,島木赤彦,斎藤茂吉ら『アララギ』派の歌人が万葉調の歌をつくり,歌壇の一大勢力となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まんよう‐ちょう〔マンエフテウ〕【万葉調】
万葉集の歌の特色をなす調べ。一般的には、現実生活における素朴な感動、強い実感を率直に表現し、格調は雄健でおおらか。五七調を主とし、短歌では二句切れ四句切れが多い。賀茂真淵(かものまぶち)は「ますらおぶり」と称した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まんようちょう【万葉調】
万葉集に特徴的な歌風・歌調。発想・内容としては生活感情と密接し、素朴・直截あるいは率直・切実で、またしばしば雄大・荘重である。修辞的には五七調すなわち二句・四句切れが多く、枕詞・序詞の使用も多い。賀茂真淵は「ますらおぶり」と呼んだ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まんよう‐ちょう マンエフテウ【万葉調】
〘名〙 歌論で、「万葉集」の特徴的な歌のよみぶりやしらべをいう。古今調や新古今調に対して、実感が切実・直截(ちょくせつ)に表現され、素朴・雄渾で格調が高いことを「万葉集」の特徴として捉えたもの。このしらべの歌を詠んだ歌人には、中世の源実朝、近世の賀茂真淵・良寛などがあり、特に真淵は古今調の「たおやめぶり」に対し「ますらおぶり」と称した。明治時代になって正岡子規によって賞揚され、歌壇に大きな影響を与えた。万葉振り。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「仏蘭西や英吉利へ行くと随分天明調や万葉調が食へるんだが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万葉調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万葉調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation