@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

丈六像【じょうろくぞう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

丈六像
じょうろくぞう

仏像の像高の一規準で、立像の高さが1丈6尺(約4.8メートル)ある仏像のこと。丈六という像高の規準は、経典に仏(釈迦(しゃか))の背の高さが普通のインド人の身長(4肘(ちゅう))の2倍(8肘)とあるのに基づき、中国で唐大尺(1尺=約30センチメートル)の2尺を1肘と換算して定めたものである。坐像(ざぞう)の場合は、立てば丈六ということで、半分の8尺の像を丈六像とよぶ。半丈六といえば立像8尺(約2.4メートル)、坐像で4尺の像をさし、また坐高1丈6尺の像は倍丈六(3丈2尺)というが、「ほんとうの」という意味から生(しょう)丈六像とよんだ例もある。また丈六の寸法(法(ほう)丈六という)を中国周代の尺制で解釈したものを周丈六像という。これは唐大尺(曲(かね)尺)の1尺より短い約7寸3分(22センチメートル)にあたるので、周丈六はほぼ1丈2尺になる。

[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうろく‐ぞう ヂャウロクザウ【丈六像】
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「以銅二万三千斤、金七百五十九両、敬造尺迦丈六像」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丈六像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丈六像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation