@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三の鼓【さんのつづみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三の鼓
さんのつづみ
雅楽で用いる膜鳴楽器。現存するのなかで最も大きく,皮面の直径 31cm,の長さ 45cmほどあり,鼓と同様に両側の皮面を砂時計型の胴にあて調緒 (しらべお) で締める。今日では高麗楽 (こまがく。右方) でのみ用いられているが,奈良時代には一鼓,二鼓とともに「古楽鼓」として唐楽 (左方) で用いられていた。現制では,に直接置いて,左手で調緒を握り,右の (ばち) だけで演奏されている。音色羯鼓 (かっこ) より鈍く,短い音と長めの音の2種類の組合せによる3種類の基本的な高麗楽の拍子 (四拍子,揚拍子唐拍子) を奏する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐の‐つづみ【三の鼓】
雅楽の打楽器の一。胴長約45センチ、鼓面の直径約42センチの細腰鼓(さいようこ)。右手の桴(ばち)で右面だけを打つ。高麗楽(こまがく)に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんのつづみ【三の鼓】
細腰鼓さいようこの一種。雅楽で主として高麗楽こまがくに用いられ演奏をリードする。床上に横たえ古くは両手で打ったが、現在は桴ばちで一面のみを打つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん【三】 の 鼓(つづみ)
雅楽の中の高麗楽(右方)に用いられる打楽器の名称。唐楽(左方)における羯鼓(かっこ)のような役割をする。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三の鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三の鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation