@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三世一身法【さんぜいっしんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三世一身法
さんぜいっしんほう
養老7 (723) 年4月 17日,律令政府の発した田地開墾奨励法。自力を造り地を開墾すれば,3世 (子,,曾孫) の間,また古くからの池溝を利用して田地を開墾すれば,その身1代の間は収公しないことを定めた法令。それまで6年で収公していたため期限が近づくと再び田地が荒廃していったのに対してとられた方策であるが,開発できるのは富有な貴族社寺などに限られていたので,大土地所有者が出,さらに『墾田永世私財法』が出るに及んで,律令制は崩壊の道をたどることになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぜいっしんのほう【三世一身法】
723年(養老7)に出された墾田についての法令。日本の律令に規定された班田収授法には,墾田の取扱いについての明確な規定がなく,墾田に対する開墾者の権利もはっきりとは認められていなかった。そのため墾田のなかには収公されるものもあり,民間の開墾意欲を減退させていたと推測される。そこで政府は,国郡司の恣意的な収公から開墾者の権利を守るために,三世一身法を施行した。すなわち,溝や池などの灌漑施設を新設して開墾した田は三世(本人,子,孫,または子,孫,曾孫)まで,また既設の灌漑施設を利用して開墾した田は開墾者が死亡するまで,収公しないこととした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

三世一身法
さんぜいっしんのほう
奈良時代,土地の開墾奨励のため律令政府が出した法令
元正天皇の723(養老7)年発布。人口の増加に応じて耕地をふやすために,新たに溝池を設けて開墾した者には子・孫・曽孫の3代まで田地の保有を許し,旧溝池を利用した者には本人1代限り田地の保有を認めるというもの。この結果,有力者に水田が集まり律令制度の基礎である公地主義崩壊の端緒となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三世一身法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三世一身法の関連情報

関連キーワード

太安万侶社債権者集会日本の医学史(年表)県内の耕作放棄地前橋空襲遮断機のない踏切太安万侶共析鋼三世一身の法施薬院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation