@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三保ノ松原【みほのまつばら】

大辞林 第三版

みほのまつばら【三保ノ松原】
静岡市、駿河湾にのびる砂嘴さし。北東に富士山を望む白砂青松の景勝地。羽衣の松や御穂神社がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みほのまつばら【三保ノ松原】
静岡県清水市の三保半島にある松原。《万葉集》にも詠まれた駿河景勝地で,白砂青松富士山眺望によって古来有名である。駿河湾に突きでた三保半島は有度(うど)山が海食されて生じた砂礫沿岸流が運んでつくった砂嘴で,内側に清水港を抱き,先端は北方へ曲がって港の入口の真崎,清水港に突出する貝島と塚間弁天岬の三つの鉤状の枝に分かれ,いわゆる分岐砂嘴の形状を呈している。三つの岬があることから〈三穂〉あるいは〈御穂〉の呼称が生まれ〈三保〉となったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

三保ノ松原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三保ノ松原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation