@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三八替持法【さんぱちかえもちほう】

防府市歴史用語集

三八替持法
 1771年、製不況を立て直すために田中藤六[たなかとうろく]が考えた塩の生産調整方法です。1年のうちで、塩がつくりやすい3月から8月だけ、塩田半分ずつ交互に使って塩をつくるという方法です。この方法を瀬戸内海沿岸の主な塩の生産地でいっせいに行ったことで、製塩不況を脱出しました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三八替持法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三八替持法の関連情報

関連キーワード

お蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内玉・珠・球耳遠

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation