@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三公【さんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三公
さんこう
san-gong; san-kung
中国の天子を補佐する名。成王のとき,補佐教導の役の太保太傅太師の三公がおかれたという。では丞相太尉御史大夫をさし,政務担当の官。後漢からでは太尉,司徒司空で,からまでは太師,太傅,太保をさすが,名目的な役職となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐こう【三公】
律令制における太政大臣左大臣右大臣。のちに、左大臣・右大臣・内大臣三槐
中国の官名。最高の地位にあって天子を補佐する三人。内容は時代によって変わり、周代では太師太傅(たいふ)太保、前漢では大司徒大司馬大司空、または丞相太尉御史大夫、後漢・唐では太尉司徒司空、宋・元・明・清は周代に倣う。三槐。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんこう【三公 sān gōng】
中国における最高の官位。秦代では丞相・御史大夫・太尉を指し,前漢もこれを踏襲した。哀帝のとき官名と序列をあらためて大司徒(もと丞相)・大司馬(もと太尉)・大司空とし,三公の上に大傅(たいふ)を置いた。王莽(おうもう)が実権を掌握すると,三公以外に《周礼(しゆらい)》にならい太師・太傅・太保の三師を併せ設けた。後漢では太尉・司徒・司空を三公と呼び,上公として太傅を置き,いずれも多く録尚書事に任命された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんこう【三公】
中国の官制で、臣下として最高位にある三つの官職。周は太師・太傅たいふ・太保を、前漢は丞相(大司徒)・太尉(大司馬)・御史大夫(大司空)を、後漢から唐までは多く太尉・司徒・司空を置いたが、次第に空名化した。三槐さんかい
日本で、太政大臣・左大臣・右大臣、または左大臣・右大臣・内大臣の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三公
さんこう
中国で、天子の側にあって政務を総裁する3人の高官総称。内容と機能とは時代により異なる。すでに周代にあったというが確かではない。この場合、司馬(しば)、司徒(しと)、司空(しくう)とする説と、太師(たいし)、太傅(たいふ)、太保(たいほ)とする説がある。漢代では名実ともに最高官であり、前漢の三公は丞相(じょうしょう)(大司徒)、太尉(大司馬)、御史大夫(ぎょしたいふ)(大司空)、後漢(ごかん)のそれは太尉、司徒、司空である。明(みん)・清(しん)に至るまでこの名称は受け継がれたが、唐代以降は実務を伴わない栄誉号となった。[尾形 勇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐こう【三公】
〘名〙
① 中国の官名。最高の地位にあって天子を補佐する三人。時代によって内容が変遷するが、周は太師・太傅・太保、秦・前漢は丞相・太尉・御史大夫で、時に大司徒・大司馬・大司空とも称し、後漢から唐までは多く太尉・司徒・司空、宋・元・明・清は周制にもどって太師・太傅・太保をいうが、後世になるほど空名化した。三槐。三事。
※本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉「三公職高。執謙、臥於布被」 〔書経‐周官〕
② 令制官職のうち太政大臣・左大臣・右大臣の総称。
※家伝(760頃)下「大宝元年、選良家子、為内舎人、以三公之子、別勅叙正六位上、徴為内舎人
※続日本紀‐霊亀元年(715)八月丁丑「高田首久比麻呂献霊亀。長七寸。闊六寸。左眼白。右眼赤。頸著三公。背負七星。前脚並有離卦
④ (「公」は接尾語) 湯屋の奉公人の三助の略称。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「ヲイ三公(サンカウ)、うめて呉(くん)な」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

三公
さんこう
中国で天子の側で政務をとる3人の高官の総称
周代では太師・太傅 (たいふ) ・太保をさすなど諸説があり,秦・漢では丞相 (じようしよう) ・太尉・御史大夫をさすが,漢の儒学国教化以来,正式に官制化された。前漢末期には大司徒・大司馬・大司空,後漢 (ごかん) は太尉・司徒・司空をさし,唐に及んだ。宋から清までは上記の周代の名にならった。三公の名称は清代まで続いたが,唐代以後は実務を伴わない名誉称号化した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三公
さんこう
太政大臣・左大臣・右大臣の総称
律令制の太政官の最高官人のこと。太政大臣は適当な人物がいなければ置かれない(則闕 (そつけつ) の官)ので,そのときは左大臣・右大臣・内大臣をさす。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三公の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation