@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三十三回忌【サンジュウサンカイキ】

デジタル大辞泉

さんじゅうさん‐かいき〔サンジフサンクワイキ〕【三十三回忌】
人の死後満32年、数えて33年目の忌日。また、その日に行う法事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんじゅうさんかいき【三十三回忌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんじゅうさんかい‐き サンジフサンクヮイ‥【三十三回忌】
〘名〙 人の死後三三年目の忌日。また、その日に行なう仏事。三十三年忌。
※和久良半の御法(1390)「扨報恩経を説給ふ事は、三十成道の後三とせになりての御事なれば、これ則卅三回忌にあたれるなり」
[語誌]この年忌は日本独自のもので、鎌倉時代に始まるとされる。親鸞の曾孫本願寺覚如が永仁二年(一二九四)に「報恩講式」を著わしたのは親鸞の三十三回忌を意識したものと思われる。三十三回忌の風習はこの頃、天皇・貴族に広がり始めたらしい。後、弔い上げの年忌となり、年忌の最後の一つとなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三十三回忌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三十三回忌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation