@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三十六歌仙【さんじゅうろっかせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三十六歌仙
さんじゅうろっかせん
すぐれた歌聖として崇拝された 36人の歌人の総称。藤原公任 (きんとう) 編の秀歌撰『三十六人撰』に選ばれた歌人で,柿本人麻呂,山部赤人,大伴家持 (やかもち) ら万葉歌人,猿丸大夫,在原業平 (ありわらのなりひら) ,小野小町 (おののこまち) ,僧正遍昭 (へんじょう) ,藤原敏行紀友則素性 (そせい) 法師,藤原興風 (おきかぜ) ,凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) ,坂上是則 (これのり) ,藤原兼輔 (かねすけ) ,源宗于 (むねゆき) ,伊勢紀貫之壬生忠岑 (みぶのただみね) ら六歌仙や『古今集』時代の歌人,藤原敦忠 (あつただ) ,源公忠 (きんただ) ,藤原清正 (きよただ) ,大中臣頼基 (おおなかとみのよりもと) ,壬生忠見源信明 (さねあきら) ,藤原朝忠,藤原元真 (もとざね) ,源順 (したごう) ,中務 (なかつかさ) ,斎宮女御 (さいぐうのにょうご) ,平兼盛 (かねもり) ,清原元輔 (もとすけ) ,大中臣能宣 (よしのぶ) ら『後撰集』時代の歌人,藤原仲文,藤原高光小大君 (こだいのきみ,こおおぎみ) ,源重之ら『拾遺集』時代の歌人から成る。歌仙意識はすでに『万葉集』の「山柿」や『古今集』の六歌仙などにみられ,こののちも「後六々撰」や「中古三十六歌仙」などが秀歌撰や撰歌合の形で数多く現れた。また,その肖像を描いた歌仙絵も生じ,文学史,美術史上の位置は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんじゅうろっ‐かせん〔サンジフロク‐〕【三十六歌仙】
藤原公任(ふじわらのきんとう)の「三十六人撰」に基づく36人のすぐれた歌人。柿本人麻呂大伴家持山部赤人猿丸大夫紀貫之壬生忠岑(みぶのただみね)在原業平素性(そせい)法師・坂上是則(さかのうえのこれのり)・藤原興風(ふじわらのおきかぜ)・源重之・大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)・源公忠(みなもとのきんただ)・藤原朝忠・源順(みなもとのしたごう)平兼盛小大君(こだいのきみ)中務(なかつかさ)・藤原元真(ふじわらのもとざね)・僧正遍昭(へんじょう)小野小町紀友則凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)伊勢・藤原敏行・藤原兼輔・源宗于(みなもとのむねゆき)・斎宮女御(さいぐうのにょうご)・藤原敦忠・藤原高光・源信明(みなもとのさねあきら)・清原元輔大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)・藤原仲文・藤原清正・壬生忠見(みぶのただみ)。なお、これにならって、中古三十六歌仙・新三十六歌仙などもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

三十六歌仙
藤原公任が『三十六人撰』に名を挙げた歌人。▽柿本人麻呂、紀貫之、凡河内躬恒、伊勢、大伴家持、山部赤人、在原業平、僧正遍昭、素性法師、紀友則、猿丸大夫、小野小町、藤原兼輔、藤原朝忠、藤原敦忠、藤原高光、源公忠、壬生忠岑、斎宮女御、大中臣頼基、藤原敏行、源重之、源宗于、源信明、藤原仲文、大中臣能宣、壬生忠見、平兼盛、藤原清正、源順、藤原興風、清原元輔、坂上是則、藤原元真、小大君、中務

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さんじゅうろっかせん【三十六歌仙】
藤原公任による歌合形式の秀歌撰《三十六人撰》にもとづく36人の代表歌人をいう。柿本人麻呂,紀貫之,凡河内躬恒(おおしこうちのみつね),伊勢,大伴家持,山部赤人,在原業平,僧正遍昭,素性法師,紀友則,猿丸大夫,小野小町,藤原兼輔,藤原朝忠,藤原敦忠,藤原高光,源公忠,壬生忠岑,斎宮女御,大中臣頼基,藤原敏行,源重之,源宗于(むねゆき),源信明,藤原清正(きよただ),源順,藤原興風,清原元輔,坂上是則,藤原元真(もとざね),小大君,藤原仲文,大中臣能宣,壬生忠見,平兼盛,中務(なかつかさ)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんじゅうろっかせん【三十六歌仙】
藤原公任きんとうの「三十六人撰」に名をあげられた歌人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三十六歌仙
さんじゅうろっかせん
藤原公任(きんとう)(966―1041)の『三十六人撰(せん)』に選ばれている、柿本人麿(かきのもとのひとまろ)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、伊勢(いせ)、大伴家持(おおとものやかもち)、山部赤人(やまべのあかひと)、在原業平(ありわらのなりひら)、遍昭(へんじょう)、素性(そせい)、紀友則(とものり)、猿丸大夫(さるまるだゆう)、小野小町(おののこまち)、藤原兼輔(かねすけ)、藤原朝忠(あさただ)、藤原敦忠(あつただ)、藤原高光(たかみつ)、源公忠(きんただ)、壬生忠岑(みぶのただみね)、斎宮女御(さいくうのにょうご)、大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)、藤原敏行(としゆき)、源重之(しげゆき)、源宗于(むねゆき)、源信明(さねあきら)、藤原清正(きよただ)、源順(したごう)、藤原興風(おきかぜ)、清原元輔(きよはらのもとすけ)、坂上是則(さかのうえのこれのり)、藤原元真(もとざね)、小大君(こおおぎみ/こだいのきみ)、藤原仲文(なかぶみ)、大中臣能宣(よしのぶ)、壬生忠見(ただみ)、平兼盛(かねもり)、中務(なかつかさ)の36歌人に対する呼称。うち人麿、家持、赤人が万葉歌人、以下が公任時代以前の平安歌人である。『三十六人撰』は、公任と具平(ともひら)親王(964―1009)の貫之・人麿優劣論に端を発した、具平親王『三十人撰』を発展させたもので、それにある清原深養父(ふかやぶ)を除き、赤人、猿丸大夫、高光、斎宮女御、頼基、宗于、元真を加え、人麿―貫之、躬恒―伊勢各10首、遍昭―業平以下各3首、兼盛―中務各10首を、それぞれ相対させて番(つが)えた150首からなる秀歌選である。この三十六歌仙の家集を類聚したのが『三十六人集』(『歌仙家集』とも)、その略伝を漢文体で記したのが『三十六人歌仙伝』(平安後期成立)である。三十六歌仙は歌仙形式の典型として定着し、『新三十六人』(平安後期。散逸)、『後六六(のちのろくろく)撰』(藤原範兼(のりかね)。平安後期)、『女房三十六歌仙』(鎌倉時代)、『釈教三十六歌仙』(南北朝時代)などがつくられた。[杉谷寿郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんじゅうろっ‐かせん サンジフロク‥【三十六歌仙】
三六人のすぐれた歌人の呼称。柿本人麻呂・紀貫之・凡河内躬恒・伊勢・大伴家持・山部赤人・在原業平・僧正遍昭・素性法師・紀友則・猿丸太夫・小野小町・藤原兼輔・藤原朝忠・藤原敦忠・藤原高光・源公忠・壬生忠岑・斎宮女御・大中臣頼基・藤原敏行・源重之・源宗于・源信明・藤原仲文・大中臣能宣・壬生忠見・平兼盛・藤原清正・源順・藤原興風・清原元輔・坂上是則・藤原元真・小大君・中務をいう。平安時代中期の歌学者藤原公任が選んだもの。その後も、後六六撰、中古三十六歌仙などこれにならったものが多く、三十六人集や歌仙絵など文学史や文化史の上で大きな位置を占めている。三十六人歌仙。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三十六歌仙
さんじゅうろっかせん
平安中期,藤原公任 (きんとう) が選んだ当代までの代表的歌人36人の総称
万葉歌人としては柿本人麻呂・山部赤人・大伴家持,六歌仙から小野小町・在原業平・僧正遍昭,古今歌人としては紀貫之・凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) ・伊勢・素性法師・紀友則・藤原兼輔 (かねすけ) ・壬生忠岑 (みぶのただみね) ・藤原敏行・源宗于 (むねゆき) ・藤原興風 (おきかぜ) ・坂上是則 (さかのうえのこれのり) ,後撰集歌人として平兼盛・中務 (なかつかさ) ・藤原朝忠・藤原敦忠・源公忠 (きんただ) ・斎宮女御・大中臣頼基・源信明 (さねあきら) ・藤原清正・源順 (したごう) ・清原元輔・藤原元真・大中臣能宣 (よしのぶ) ・壬生忠見,拾遺集歌人として藤原高光・小大君 (こおおぎみ) ・源重之・藤原仲文,および猿丸太夫の36人の歌人をいう。また平安中期の歌人36人を選んだものを中古三十六歌仙,鎌倉期の歌人を選んだものを新三十六歌仙という。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三十六歌仙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三十六歌仙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation