@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三后【サンコウ】

デジタル大辞泉

さん‐こう【三后】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんこう【三后】
太皇太后・皇太后・皇后の総称。三宮さんぐう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三后
さんこう
三宮(さんぐう)ともいう。太皇太后、皇太后、皇后の総称。令制(りょうせい)ではその地位を、妃位(ひい)、夫人位(ふじんい)に対して后位(こうい)といい、太皇太后、皇太后、皇后の順に列次し、同時に2皇后が併立した場合は、皇后宮、中宮の順を常例とした。1910年(明治43)制定された皇族身位令(しんいれい)では、皇后、太皇太后、皇太后の順に列次する。准(じゅ)三后(准三宮、准后)とは、皇族、女御(にょうご)、摂政(せっしょう)・関白などの功臣で三后に准ずる待遇を与えられた者の称。[橋本義彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐こう【三后】
〘名〙
① 三人の君主。特に中国で、夏の禹王・殷の湯王・周の文王など聖徳のあった三人の君主の総称。〔詩経‐大雅・下武〕
② 三人の皇后。〔後漢書‐王暢伝〕
③ 太皇太后・皇太后・皇后の三人の総称。三宮(さんぐう)
※三代実録‐貞観一三年(871)一〇月五日「所祖父母者、含太上皇及三后歟」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三后
さんこう
太皇太后 (たいこうたいごう) ・皇太后・皇后の総称
皇后は天皇嫡妻,皇太后は天皇の母で后位にのぼった人,太皇太后とは天皇の祖母で后位にのぼった人をさす。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三后」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三后の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation