@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三善晃【みよしあきら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三善晃
みよしあきら
[生]1933.1.10. 東京
[没]2013.10.4. 東京
作曲家。幼少よりピアノ,作曲を学び,のちに平井康三郎に師事する。1951年東京大学文学部仏文学科に入学,1953年に日本音楽コンクール作曲部門で第1位。翌 1954年に尾高賞,芸術祭賞奨励賞を受賞し,鮮やかなデビューが注目を集めた。1955~57年パリ国立音楽院留学してレイモン・ガロア=モンブラン師事作曲家アンリ・デュティユーの影響を受けた。帰国後東京大学に復学,1960年に卒業。1974~95年桐朋学園大学学長を務めた。代表作に管弦楽曲『交響三章』(1960),『レクイエム 混声合唱オーケストラのための』(1971),『チェロ協奏曲』(1974)など。作品には合唱曲も多い。多くの賞を受け,2000年には初のオペラ『遠い帆』(1993)で第31回サントリー音楽賞を受賞。1984年フランス芸術文化勲章を受章。1999年日本芸術院会員,2001年文化功労者に選ばれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三善晃 みよし-あきら
1933-2013 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和8年1月10日生まれ。平井康三郎,池内(いけのうち)友次郎,ガロワ-モンブランに師事。東大在学中にパリ国立音楽院に留学。昭和28年20歳で日本音楽コンクール1位となり注目された。以後「交響三章」ほかで多数の賞を受賞,洗練された作風で世界的に評価される。49年桐朋学園大学長となる。平成2年芸術院賞。8年東京文化会館館長。同年フランス芸術文化勲章オフィシエ受章。11年芸術院会員。12年オペラ「遠い帆」でサントリー音楽賞。13年文化功労者。平成25年10月4日死去。80歳。東京出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みよしあきら【三善晃】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三善晃
みよしあきら
(1933― )

作曲家。東京生まれ。東京大学文学部仏文科に在学中の1953年(昭和28)に『クラリネット、ファゴット、ピアノのためのソナタ』が日本音楽コンクール作曲部門第1位となる。55年から57年にかけてパリ国立音楽院に留学、アンリ・シャランHenri Challan(1910―77)のクラスに学ぶ一方で、レイモン・ガロワ・モンブランRaymond Gallois-Montbrun(1918―94)に個人的に学ぶ。放送詩劇『オンディーヌ』(1959)で芸術祭賞とイタリア賞を受賞。60年(昭和35)東大卒業。『ピアノと管弦楽のための協奏的交響曲』(1954)、『ピアノ協奏曲』(1962)、『管弦楽のための協奏曲』(1964)で、第3回・第11回・第13回尾高賞受賞。ソナタ、協奏曲といったヨーロッパの伝統的な曲種を題名にもちながら、モチーフ(主題)の変奏や繊細な音色の生み出し方などに独特の方法がみられる。『高原断章』(1955)、『白く』(1962)、『決闘』(1962)などの歌曲では、無調的で表出的な語法による彼独自の方法でテキストが解釈されている。合唱とオーケストラのための三部作『レクイエム』(1972)、『詩編』(1979)、『響紋(きょうもん)』(1984)は、初期から書かれてきたオーケストラ作品と声楽作品の統合的な成果となっている。初のオペラ作品に『遠い帆』(1998)がある。桐朋(とうほう)学園大学学長、日本現代音楽協会委員長、日本音楽コンクール委員長、東京文化会館館長等を歴任。99年(平成11)芸術院会員、2001年文化功労者となる。『遠方より無へ』(1979)など著述も多数ある。

[楢崎洋子]

『『遠方より無へ』(1979・白水社)』『『対話十二章 現代の芸術視座を求めて――三善晃対談集』(1989・音楽之友社)』『『ヤマガラ日記』(1992・河合楽器製作所出版事業部)』『『ぴあのふぉるて』(1993・毎日新聞社)』『桐朋教育研究所編『生江義男対談集――創造する力』(1988・二期出版)』『安永徹・三善晃他著『音楽って何だろう――安永徹対談集』(1990・新潮社)』『楢崎洋子著『武満徹と三善晃の作曲様式――無調性と音群作法をめぐって』(1994・音楽之友社)』『武満徹著『武満徹対談集――創造の周辺』(1997・芸術現代社)』『天野郁夫編『大学を語る――22人の学長』(1997・玉川大学出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三善晃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三善晃の関連情報

関連キーワード

宣誓斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩大恐慌小津安二郎ルロイ粕屋(町)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation