@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三国協商【さんごくきょうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Entente
20世紀初めのドイツ外交,軍事の発展に対抗して,イギリスロシアフランス3国間に結ばれた同盟協商関係の総称。 1891年の露仏同盟,1904年の英仏協商を経て 07年の英露協商成立によりおのずから形成されたドイツ包囲の外交体制をさす。三帝同盟三国同盟によってオーストリア,ロシア,イタリアと結び,フランスの孤立化をはかったドイツの同盟外交はビスマルクの失脚によってロシアの脱落を招いた。ロシア,フランスはただちに接近,金融的・軍事的結合を深めるが,イギリスはなお 1890年代には「光栄ある孤立」を保った。しかしこの時期のドイツ帝国主義の発展はめざましく,建艦競争によってイギリス海軍力への挑戦も開始した。イギリスはこのドイツを最強の競争者とみなし,孤立化をはかるために外交体制の調整に向った。 1902年日同盟によって極東の勢力範囲に対するロシアの圧迫を排除する一方,英協商を結んでアフリカなど植民地発展をめぐる両国の利害対立を処理,日露戦争後インド確保のためロシアとの協調をはかり英露協商を締結,ロシアへの資本輸出の道を広げた。これ以後,バルカン,中東方面やアフリカにおいて三国同盟との緊張,対立を深め,協商側は軍事結束の強化,同盟側からイタリアの分離などをはかり,第1次世界大戦にそなえた。大戦中各種の秘密条約で領土再分割を策したが,17年 11月ロシア革命により革命政府が脱退,協商は解体した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんごく‐きょうしょう〔‐ケフシヤウ〕【三国協商】
1891年の露仏同盟、1904年の英仏協商、1907年の英露協商によって生まれたイギリス・フランス・ロシア3国の同盟関係のこと。ドイツ包囲を目的とし、三国同盟に対抗したもの。革命による帝政ロシア崩壊により消滅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんごくきょうしょう【三国協商 Triple Entente】
1891‐94年にかけて成立した露仏同盟,1904年の英仏協商,07年の英露協商により生じたイギリス,ロシア,フランス3国間の友好関係の総称。三国協商についての特定の規約はない。フランスはドイツ帝国宰相ビスマルクの外交政策(三帝同盟)によって国際的に孤立したが,1890年の彼の辞任後ロシアはフランスに接近し,91年8月に露仏政治協定,92年8月には軍事協定が成立,94年1月4日に露仏同盟は正式に発効した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんごくきょうしょう【三国協商】
第一次大戦前から大戦中の、英・仏・露三国の協力体制。1891年(明治24)の露仏同盟、1904年の英仏協商、07年の英露協商によって相互に提携し、ドイツに対抗した。17年のロシア革命で解消。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Ententeフランス語
第一次世界大戦前のイギリス、フランス、ロシア3国の協力体制。それは、相互に同盟や協商によって結ばれた3国間の友好関係の総称であって、特定の条約が存在したわけではない。三国同盟と対立するフランスは、ドイツから離反したロシアに近づき、1891~94年にロシア・フランス同盟を成立させた。イギリスは長らく「光栄ある孤立」を守ってきたが、1902年に日本と日英同盟を結んだのち、04年日露戦争勃発(ぼっぱつ)を機にフランスとイギリス・フランス協商を結んだ。ついで日露戦争に敗れたロシアもイギリスに接近、07年イギリス・ロシア協商を締結して、三国協商体制が成立した。これら3国を結び付けたのは、まずドイツの急速な台頭で、三国協商は、ドイツを中心とする三国同盟に対抗して大戦前の世界政治を二分した。また三国協商は、帝国主義列強がその植民地支配を維持するため互いに協力する世界体制でもあった。すなわち、イギリス・フランス協商成立にあたり両国は、世界の諸地域での両国間の対立を解消し、とくにエジプトとモロッコとを互いに勢力圏として認め合った。また、イギリス・ロシア協商でも、ペルシア、アフガニスタン、チベットで両国はそれぞれの勢力圏を確認した。協商は初め軍事同盟の性格をもたなかったが、モロッコ事件などを通じてドイツとの対立が強まるにつれ、種々の軍事協定により補強され、ついに第一次世界大戦に突入した。大戦前、協商体制に日本、スペインも参加していたが、大戦中には参加国が激増した。しかし、アメリカの参戦で戦争の主導権が協商国の手を離れ、さらにロシア革命でロシアが脱退したため、協商体制は崩壊した。[木谷 勤]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんごくきょうしょう ‥ケフシャウ【三国協商】
第一次世界大戦前および大戦中のイギリス、フランス、ロシアの協力体制。一八九一~九四年の露仏同盟、一九〇四年の英仏協商、一九〇七年の英露協商によって生まれた。特定の規約はない。ドイツ、オーストリア、イタリアの三国同盟に対抗するもので、大戦中、アメリカの参戦とロシアの革命による脱落で解消した。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Entente
第一次世界大戦前から戦中にかけて,イギリス・フランス・ロシアが結んだ外交・軍事提携の体制
特定の条文による規定はないが,露仏同盟(1891〜94),英仏協商(1904),英露協商(1907)によって成立したドイツ包囲の体制で,ドイツ・オーストリア・イタリア間の三国同盟(1882)に対抗した。第一次世界大戦の勃発により実質的な同盟に変化し,3国の結束強化に役だったが,1917年ロシアの十一月革命によりソヴィエト政府が戦列を離れたため解消した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三国協商
さんごくきょうしょう
Triple Entente
第一次世界大戦前および大戦中のイギリス・フランス・ロシアの対ドイツ外交軍事体制
1891年露仏同盟,1904年英仏協商,'07年英露協商で成立。条文はないが,三国同盟に対抗し,連合国側の結束に貢献した。アメリカ参戦,革命によるロシアの脱落によって,'17年解消。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三国協商」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三国協商の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation