@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三宝院【さんぼういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三宝院
さんぼういん
京都市伏見区にある真言宗醍醐派の総本山醍醐寺の子院。永久3 (1115) 年醍醐寺 14世勝覚によって開創され,鳥羽天皇御願寺となった。たびたび焼失したり,移築されたりしたが,豊臣秀吉殿堂を修理し再興した。建築庭園とも桃山時代を代表するもので,唐門表書院国宝に指定され,俵屋宗達の『舞楽図』,義演の『義演准后日記』などを蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宝院
さんぼういん
和歌山県高野町にある高野山真言宗の別格本山本尊は木造北面大師。空海の母親が慈尊院 (→女人高野 ) 内にこの寺を建てたのが起源とされ,旧暦3月 21日の正御影供で供えられる「爪剥 (つまむき) の甘酒」は空海の母親がみずからのや米の皮をむいて酒をつくり空海に送ったという伝承に由来するが,別の記録には法然建立とある。国宝に指定されている奈良時代の『不空羂索神変真言経』 (18巻) ほか,平安時代後期の『文鏡秘府論』 (6帖) ,鎌倉時代の『五行大義巻第五』 (1巻) ,『白氏文書巻三残巻』 (1巻) などの重要文化財を伝える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんぼう‐いん〔‐ヰン〕【三宝院】
京都市伏見区にある真言宗醍醐(だいご)の総本山、醍醐寺の本坊。永久3年(1115)醍醐寺第7世勝覚の創建豊臣秀吉により再興。江戸時代には、修験道当山派の本山。桃山時代の典型的な書院造り建物や庭園がある。表書院と唐門は国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぼういん【三宝院】
京都市伏見区にある醍醐寺の子院。修験道当山派の本山でもあり,室町時代以降醍醐寺全山の中心として重んぜられた。1115年(永久3)左大臣源俊房の子で醍醐寺第14代座主となった勝覚が開いた。はじめは灌頂院といったが,定賢,義範,範俊3師の法流を一身に集めた勝覚が,醍醐寺の法門の興隆を念じ,三法にちなんで三宝院と改めた。創建当時は,下醍醐寺西大門内側の無量光院に対する一画を占め,本堂,礼堂,寝殿,護摩堂以下諸堂があり,43年(康治2)には鳥羽上皇の御願所となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんぼう‐いん ‥ヰン【三宝院】
京都市伏見区醍醐東大路町にある真言宗醍醐派の総本山、醍醐寺の主院。醍醐五門跡の一つ。永久三年(一一一五)醍醐寺一四世勝覚が創建。江戸時代には修験道の根本道場となった。現在の堂宇は慶長年間(一五九六‐一六一五)豊臣秀吉が再建したもので、表書院、唐門は国宝。庭園は国特別史跡・特別名勝。大本山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三宝院
さんぼういん
京都市伏見区にある醍醐 (だいご) 寺の主院。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宝院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三宝院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation