@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三尊像【さんぞんぞう】

世界大百科事典 第2版

さんぞんぞう【三尊像】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三尊像
さんぞんぞう
仏教寺院の諸堂宇に安置される一組の尊像の場合、中央の主尊および左右の両侍(りょうじ)を三尊像と総称する。主尊は普通、中尊といい、両侍は脇侍(わきじ)、脇士(わきし)、脇立(わきだち)、一生補処(いっしょうふしょ)の菩薩(ぼさつ)などという。この3体の像を三尊といい、釈迦(しゃか)三尊、薬師(やくし)三尊、阿弥陀(あみだ)三尊というようによぶ。中尊と脇侍の組合せは一般的に一定しており、中尊の尊像名が不詳の場合でも、脇侍像によってそれを推定することができる。[江口正尊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三尊像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三尊像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation