@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三崎【みさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三崎
みさき
愛媛県西端,伊方町西部の旧町域。佐田岬半島先端を占める。 1955年三崎村と神松名村が合体して町制。 2005年伊方町,瀬戸町と合体して伊方町となる。明治初期からナツミカンの栽培が始まり,全国有数の産地に発展。三崎牛の産地。沿岸漁業も行なわれる。古くからサザエ,アワビ,テングサの採取が盛んで,出荷調整のため海面を仕切った大規模な蓄養池がある。国の天然記念物のアコウは,三崎がその自生北限地帯とされる。瀬戸内海国立公園に属し,観光開発も盛ん。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三崎
みさき
神奈川県南東部,三浦半島の先端にある三浦市の中心地区。城ヶ島に守られた三崎港を中心とする漁業集落。古くから海上交通の要地で,江戸時代には東京湾防備の要衝として三崎奉行がおかれた。また江戸の消費地と結んで漁業も発達。大正末期から漁港としての整備が進められ,魚市場,冷凍冷蔵施設,水産加工場,漁船修理工場などが立並んでいる。マグロを中心とする遠洋漁業基地としては日本有数。城ヶ島とは城ヶ島大橋で結ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みさき【三崎】
神奈川県三浦市の地名。南にある城ヶ島が自然の防波堤をなし、漁港として発展。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みさき【三崎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

みさき【三崎】
神奈川県三浦市の地名。三崎港は遠洋・沿岸漁業の基地。城ケ島大橋で城ケ島と結ばれる。古くから海上交通の要地。江戸時代には江戸と上方とを結ぶ廻船の風待港・避難港として利用された。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation