@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三平方の定理【さんへいほうのていり】

世界大百科事典 第2版

さんへいほうのていり【三平方の定理】
∠Aが直角である△ABCの3辺BC,CA,AB長さa,b,cとするとき,a2b2c2という関係が成り立つ(図1)。すなわち,直角三角形ABCの斜辺BCを1辺とする正方形面積は,辺CAを1辺とする正方形の面積と辺AB上に作った正方形の面積の和に等しい(図1)。これはユークリッド幾何学におけるもっとも重要な定理の一つで,三平方の定理と呼ばれている。この定理は古代ギリシアの哲学者ピタゴラスによって発見されたといわれ,ピタゴラスの定理とも呼ばれているが真偽のほどは定かでない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三平方の定理
さんへいほうのていり

直角三角形ABCが与えられたとき、斜辺BCを1辺とする正方形の面積は、他の2辺AB、ACを1辺とする二つの正方形の面積の和に等しい。すなわち、
  BC2=AB2+AC2
が成立する。これを三平方の定理という。紀元前540年ごろギリシアの数学者ピタゴラスが発見したものといわれ、ピタゴラスの定理として知られている。日本では三平方の定理という呼び方が第二次世界大戦中に考案され、以後通称となった。この定理の逆も成り立つ。すなわち、三角形の1辺の平方が他の2辺の平方の和に等しければ、始めの辺に対する頂角は直角である。この逆定理の成立によって、たとえば、辺の長さが3、4、5である三角形は32+42=52であるから、直角三角形となる。この3、4、5の関係を用いて直角をつくる方法は、古代エジプトや古代中国においても土地の区画などに用いられたという。和算(江戸時代の数学)においても、三平方の定理は勾股弦(こうこげん)という呼び名で知られていた。弦とは直角三角形の斜辺のことで、勾と股は残りの2辺の短いほうと長いほうのことを表している。

 等辺を1とする直角二等辺三角形の斜辺の長さがになることは、無理数というまだ知られていなかった数の発見のきっかけとなった。一方、3、4、5のような三平方の関係を満足する整数の組をピタゴラス数という。mとnを正の整数とすると(m>n)、
  m2-n2, 2mn, m2+n2
はピタゴラス数になる。三平方の定理は平面や空間の2点間の距離の公式の基礎でもある。

[柴田敏男]

『大矢真一著『ピタゴラスの定理』(1975・東海大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんへいほう‐の‐ていり〔サンヘイハウ‐〕【三平方の定理】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三平方の定理
さんへいほうのていり
ピタゴラスの定理」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三平方の定理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三平方の定理の関連情報

関連キーワード

転換法命題ABC予想ABC予想垂心ロバート アイガーABCシムソン線必要十分条件日本ABC協会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation