@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三度笠【さんどがさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三度笠
さんどがさ
の一種。貞享年間 (1684~88) 頃に初めて三度飛脚が用いたことから,この名がある。一名を大深 (おおぶか) ともいい,本来,女性用で顔の隠れるほど深いものであったが,文化年間 (1804~18) 頃にはもっぱら男笠として用いられた。また,寛延~宝暦年間 (1748~64) 頃には大型で浅い笠も用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんど‐がさ【三度×笠】
三度飛脚がかぶったところから》顔面を覆うほど深く作った菅笠(すげがさ)。飛脚・旅人などが用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんどがさ【三度笠】
菅笠(すげがさ)の一種。江戸時代に三度飛脚が用いたのでこの名がある。はじめて三度笠が用いられたのは貞享年間(1684‐88)といわれ,寛延・宝暦(1748‐64)ころのものは女笠に似て大型の浅い菅笠であったが,天保・嘉永(1830‐54)ころに用いられたものは饅頭笠(まんじゆうがさ)に似てかぶる度のきわめて深い菅笠で,一名,大深(おおぶか)とも呼ばれた。そのかぶる度を深くするのは,誤って落馬したときに顔面にきずを受けない用心とも,また風やほこりを防ぐ必要からともいわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三度笠
さんどがさ

菅笠(すげがさ)の一種。貞享(じょうきょう)(1684~88)のころに三度飛脚が用い始めたのでこの名がある。饅頭(まんじゅう)形で深く顔を隠すようにつくられたもので、これは落馬したときに顔を傷つけないようにとも、四季の風を防ぐためともいわれる。文化(ぶんか)年間(1804~18)以前は、おもに旅商人が道中笠として盛んにこれを用いたが、以後しだいに廃れ、擂鉢(すりばち)形の菅笠を用いるようになり、三度笠は飛脚宰領が用いるだけとなった。

[片岸博子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんど‐がさ【三度笠】
〘名〙 (「三度飛脚」がかぶる笠の意) 菅笠(すげがさ)の一種。顔が隠れるように深く作ったので大深(おおふか)ともいう。飛脚、旅商人などが多く用いた。三度の笠。三度の菅笠。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)上「あきなひ功者駄荷づもり江戸へも上下三度(サンド)がさ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

三度笠
(通称)
さんどがさ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい三度笠十三年忌
初演
享保3.冬(京・榊山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三度笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三度笠の関連情報

関連キーワード

マサチューセッツ貞享ル・ブラン稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation