@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三徳【さんとく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三徳
さんとく
仏教,インド哲学,儒教における3つの。 (1) 仏教用語では如来の徳を恩徳,断徳,智徳に,また修行の立場から諸仏の徳を因円徳,果円徳,恩円徳の3つに分ける。 (2) 『涅槃経』の説く大涅槃の不一不異の法身徳,般若徳,解脱徳のこと。 (3) インドのサーンキヤ学派の純質,激質,翳質という3つの根本原質。 (4) 朱子学におけるの3つの素質

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐とく【三徳】
人、または君主として守るべき三つの徳目。「中庸」で説かれた、など。
仏語。
仏果にそなわる三つの徳。衆生に恵みを与える恩徳、煩悩(ぼんのう)を断ち切る断徳、智慧をもって平等に見る智徳。
涅槃(ねはん)の三つの徳。真如としての法身智慧としての般若(はんにゃ)煩悩からの離脱としての解脱(げだつ)
《三つの用途があるところから》
㋐釣りの小道具の一。糸・重り・鉤素(はりす)を接続する小形の片天秤(かたてんびん)。ハゼ釣りに用いる。
㋑江戸時代に流行した紙入れの一種。鼻紙・書き付け・楊枝(ようじ)を分けて入れた。
㋒江戸時代の燭台の一種。置いたり掛けたり、また提げたりできるようになっている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

三徳
株式会社三徳が展開するスーパーマーケットチェーン。主な出店地域は東京都神奈川県千葉県

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

三徳
正式社名「株式会社三徳」。英文社名「SANTOKU CORPORATION」。非鉄金属工業。昭和24年(1949)「三徳工業株式会社」から分離独立し「三徳金属工業株式会社」設立。平成12年(2000)現在の社名に変更。本社は神戸市東灘区深江北町。産業資材メーカー。磁石材料となるネオジム・サマリウムなど希土類の高純度化合物・各種合金を製造

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんとく【三徳】
人として守るべき三つの徳目。「中庸」では智・仁・勇、「書経洪範」では正直・剛克・柔克、「荘子盗跖」では上徳・中徳・下徳とする。
大涅槃だいねはんがそなえる三つの徳。法身・般若・解脱。
仏果にそなわる三つの徳。智徳・断徳・恩徳。
サーンキヤ学派で、すべてのものにそなわる性質を三つに分類したもの。薩埵さつた・剌闍らじや・答摩とうま
禅宗でいう食物の三徳。すなわち、あっさりとしている軽軟、清潔である浄潔、規則通りにできている如法作。これに甘・辛・鹹・苦・酸・淡の六味を加え、三徳六味という。
釣りの接続具の一。道糸・鉤素はりす・おもりを接続する。
一つで三種の用途をもつ便利な物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐とく【三徳】
〘名〙 (「さんどく」とも)
① (「徳」は道の意) 人、または君主として守るべき根本の三つの道。三種類の徳目。正直であること、剛毅であること、困難に耐えることの三つ(書経‐洪範)、片寄らないこと、仁や義に機敏なこと、祖先を敬うことの三つ(周礼‐地官・師氏)、天の徳、地の徳、人の徳の三つ(大戴礼‐四代)、智と仁と勇の三つ(中庸)など。
※懐風藻(751)初春侍宴〈大伴旅人〉「穆々四門客、済々三徳人」
② 仏語。
(イ) 仏果にそなわる三つの徳。衆生を救いたいという願いによってめぐみを与える恩徳と、一切の煩悩を断ち切る断徳と、平等智によって一切を見通す智徳の三つ。
※性霊集‐九(1079)高尾山寺択任三綱之書「選此三仁、称彼三徳、三徳即一切徳」
(ロ) 大涅槃にそなわる三つの徳。一切にそなわる真如としての法身と、悟りの智慧としての般若と、煩悩の束縛を離れた解脱の三つ。〔真如観(鎌倉初)〕
(ハ) 諸仏の徳を因果の方面から見たもの。三大劫の修行を満たした因円徳と、智断などの修行を満たした果円徳と、一切衆生を解脱させる恩円徳の三つ。
(ニ) 数論派(すろんは)で、すべてのものの本性としての三つの徳。喜・憂・闇の三つで、これから善悪好醜などが生ずるとする。
③ (「徳」はためになるの意) 三つの用途があること。三通りに使えること。また、そのもの。
(イ) 江戸時代に流行した紙入れの一種。更紗(さらさ)・緞子(どんす)などで作り、鼻紙を入れる口の反対側にも口を付け、楊枝・書付けなどを入れるようにしたもの。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)五「とかく仕なれた三徳(トク)がいつも丁法(てうほう)でよいに」
(ロ) 江戸時代の燭台の一種。置いておく燭台にも、懸け灯蓋にも、手燭にもなる装置のもの。
※雑俳・湯だらひ(1706)「三徳を医者かとおもやあんど也」
④ 演劇の殺陣(たて)の一つ。両方の手のひらと頭とをささえにして、さか立ちするもの。
⑤ 大麦の栽培品種。稈(かん)はよく分糵(ぶんけつ)して、丈が高い。収穫量は多く、実は中粒で白色。
⑥ 釣りの仕掛け道具の一つ。ヘラ鮒釣りの場合など、道糸の接続と両てんびんの鉤素(はりす)掛けを同時に仕掛けられるもの。
⑦ 仕掛け糸の結び方の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三徳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三徳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation