@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三方【さんぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三方
さんぼう
食品やなどを載せる儀式的な。原名は衝重 (ついがさね) 。『貞丈雑記』に,「ついがさねとは三方,四方供饗の総名なり。上の台と下の足とをつき重ねたる物なるに,ついがさねといふなり」とある。この衝重のうち,台の三方に眼象 (げんじょう。) をくりあけたものを「三方」,四方にあけたものを「四方」といい,白木製,漆塗りがある。現在では正月鏡餅の台,また神事,慶事の際などに使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三方
みかた
福井県南西部,若狭町北部の旧町域。若狭地方の中央に位置し,若狭湾に面する。1953年八村,西田村が合体し三方町が成立。1954年十村を編入。2005年上中町と合体し若狭町となる。地名は古代以来の郷名による。東部野坂山地の西をかぎる三方断層があり,その西に平地三方五湖(国指定名勝)がある。中心地区の三方は断層崖下に発達。三方湖に注ぐはす川の最下流で鳥浜貝塚が発掘された。海岸はと小湾が連なり漁村が散在し,定置網漁が行なわれる。湖畔一帯はウメを特産し,福井梅として全国に出荷される。常神半島先端近くの常神のソテツは国の天然記念物。常神岬をはじめ海岸部は景勝地が多く三方海域公園地区に指定され,三方五湖とともに若狭湾国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ぼう〔‐バウ〕【三方】
《「さんぽう」とも》
三つの方向。三つの方面。
前と左右の三方に刳形(くりかた)の穴をあけた台を方形折敷(おしき)につけたもの。ヒノキの白木製を普通とし、神仏や貴人に物を供したり、儀式のときに物をのせたりするのに用いる。三宝。→衝重(ついがさ)ね

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

三方
神仏に物を供えるとき用いる台。ひのきの白木で作られ、前・の三方に刳形(くりかた)の穴を開けた台をつけたもの。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

さんぼう【三方】
神仏への供物台,あるいは宴席などでの食膳として用いられる衝重(ついがさね)の一形式。衝重は方形角切(すみきり)の筒形台脚を備えた折敷(おしき)の総称で,《貞丈雑記》によれば,上部の折敷形に台部を衝き重ねるところから衝重の名があるという。その台部の3方に眼象(げんしよう)(格狭間(こうざま))と称する繰形を透かしたものがすなわち三方であり,4方に透かしたものが四方(しほう)である。また眼象のないものは供饗(くぎよう)という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さんかた【三方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

食器・調理器具がわかる辞典

さんぼう【三方】
衝重(ついがさ)ね一種(ひのき)製の白木の折敷(おしき)の下に台を取り付け、その台の三面に刳形(くりかた)(穴)をあけたもの。神仏に捧げる供物や食器をのせるのに用いる。◇台の四面に刳形をあけたものを「四方(しほう)」、刳形のないものを「供饗(くぎょう)」という。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

三方[祭礼・和楽器]
さんぼう
近畿地方、奈良県の地域ブランド。
吉野郡下市町・吉野郡大淀町で製作されている。ねばり・光沢・香りをもつ吉野檜の薄板に折り目を刻み、四隅を曲げてつくられる。奈良県伝統的工芸品

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぼう ‥バウ【三方】
〘名〙
① (現在は「さんぽう」とも) 三つの方向。三つの方面。
※平家(13C前)一一「能遠(よしとを)が城におしよせて見れば、三方は沼、一方は堀なり」
② 角形の折敷(おしき)に、前と左右との三方に「刳形(くりかた)」もしくは「眼象」と呼ばれる透かし穴のあいた台のついたもの。多く檜の白木で作られ、古くは食事をする台に用いたが、後には神仏や貴人へ物を供したり、儀式の時に物をのせるのに用いる。衝重(ついがさね)の一種。三宝。
※三内口決(1579頃)「盤。〈四方三方事〉。大臣以上は四方。大納言以下は三方也」
※俳諧・犬子集(1633)一「三方につみしをいかに西ざかな」
③ 和算で、正三角形のこと。
※竪亥録(1639)六「置歩数、用三方之方鈎相因之歩法、五帰而得歩数、於是用〈鈎方〉之尺数帰除、則得尺数、是〈方鈎〉也」
④ 近世、大坂の蔵屋敷米を出米する際の仲立人で新地四組・古三組・上組の総称。〔稲の穂(1842‐幕末頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation