@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三有【さんぬ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三有
さんぬ
仏教用語。とは生存のこと。欲界色界無色界三界に生存する欲有,色有,無色有をいう。また,四有うち死有を除く中有,生有,本有の3つをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ぬ〔‐ウ〕【三有】
《「さんう」の連声(れんじょう)仏語
欲界色界無色界の三界の生存である欲有・色有・無色有。
現在の生存である本有、未来当有、その中間の生存である中有。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さん‐う【三有】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんう【三有】
さんぬとも
欲界・色界・無色界の三界のこと。また、三界に生きるもの。
現在の生である本有ほんう、次の生である当有とうう、その中間の状態である中有ちゆううの総称。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さんぬ【三有】
さんう(三有)の連声
三界に同じ。
現在と未来の間の生存を三種に分けたもの。現在の本有、未来の当有、本有と当有の中間の中有。 →

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐う【三有】
〘名〙 (普通、連声(れんじょう)で「さんぬ」と発音する) ⇒さんぬ(三有)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さん‐ぬ ‥ウ【三有】
〘名〙 (「さんう」の連声。「有」はbhava の訳で、有情としての存在、または生存の意) 仏語。
① 欲界・色界・無色界の三界のこと。欲有・色有・無色有の総称。三界(さんがい)
※勝鬘経義疏(611)一乗章「凡夫向三有善」 〔釈氏要覧‐中〕
② 衆生が、生まれるとき、死ぬとき、再び生まれ変わるまでの三つ。すなわち、生有・死有・中有の総称。
③ 現世の存在である本有と来世の存在である当有と、この二つの中間的存在である中有との三つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三有」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三有の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation