@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三根【みね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三根
みね
佐賀県東部,みやき町南部の旧町域。佐賀平野東部,筑後川沿岸にある。 1955年南茂安村と三川村が合体,1962年町制。 2005年北茂安町,中原町と合体し,みやき町となる。全域沖積平野で,米作イグサ,野菜栽培が行なわれる。久留米市 (福岡県) に隣接し,粘土瓦,ブロック,衣料工場などがあり,住宅地化が進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みつね【三根】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三根
みね
佐賀県東部、三養基(みやき)郡にあった旧町名(三根町(ちょう))。現在は、みやき町の南部を占める地域。福岡県と接する。旧三根町は、1962年(昭和37)町制施行。2005年(平成17)中原(なかばる)、北茂安(きたしげやす)の2町と合併して、みやき町となった。三根は『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』の景行(けいこう)天皇説話に御寝(みね)の意と伝え、旧郡名(三根郡)ともなる。旧三根町域は筑後川(ちくごがわ)に沿う山のない沖積低地で、溝渠(こうきょ)(クリーク)が多い。米作のほかイグサ栽培が目だつ。かつては粘土瓦(がわら)生産などが盛んで、中心の江見津(えみつ)は旧河港。蛇行する筑後川の旧流路が県境をなすため、左岸福岡県側に土居外(どいほか)、坂口(さかぐち)の旧三根町分を残す。土居外地区の学童が登校中、渡し船遭難事故にあい、その後天建寺(てんけんじ)橋ができた。現在の天建寺橋は1999年に架けかえられたもので、橋近くには「学童遭難碑」が立てられている。脊振(せふり)山地から寒水(しょうず)川などが南流し、水害常襲地。佐賀藩の重臣成富兵庫茂安(なりとみひょうごしげやす)の千栗土居(ちりくどい)築堤功績碑がある。国道264号で久留米(くるめ)・佐賀両市に通じ、野菜園芸や隣接する久留米などへの通勤も多い。矢俣八幡(やまたはちまん)のタッタ浮立(ふりゅう)、宇佐八幡の獅子舞(ししまい)浮立、向島(むこうじま)の鳥塚(とりづか)などが知られる。[川崎 茂]
『『三根町史』(1984・三根町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐こん【三根】
〘名〙
① 仏語。仏の教えを受ける者としての資質を三種に分類した上根・中根・下根の称。三輩。〔性霊集‐八(1079)〕
② 仏語。貪・瞋(しん)・痴の三毒をいう。
※十善法語(1775)八「貪瞋痴を三根と名づけ、また三毒と名づく」
③ 金銭と気力とかしこさ。
※わらんべ草(1660)二「学文は、三根なくて叶はず、一黄金、一気根、一利根也」
④ 三つの主要な要素。
※信仰之理由(1889)〈小崎弘道〉一「故に基督教は理論歴史及び実験の三根(サンコン)に基くと謂て可なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三根」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三根の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation