@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三池高菜

デジタル大辞泉プラス

三池高菜
福岡県大牟田市で生産される葉物野菜。明治30年代に中国四川省から導入された葉肉の厚い青菜を選抜・育成したもの。葉色は紫色が少なめで緑色が濃く、味には独特の辛みがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

三池高菜[葉茎菜類]
みいけたかな
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
主に大牟田市三池地区で生産されている。明治30年代に日本に伝わった四川青菜と在来の紫高菜が交雑して生まれたものを、三池地方で選抜し本格栽培したため、この名がついた。濃緑色で、葉脈および先端は赤紫色。葉面は縮れるのが特徴。漬物に利用される。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三池高菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三池高菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation