@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三河万歳【ミカワマンザイ】

デジタル大辞泉

みかわ‐まんざい〔みかは‐〕【三河万歳】
愛知県三河地方を根拠地として、各地を回った正月の祝福芸中啓(ちゅうけい)を持った太夫(たゆう)とを打つ才蔵が、家々を訪れて祝言を述べたり、こっけいな掛け合いをしたりするもの。西尾市安城市に伝わる。 新年》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

三河万歳
愛知県の三河地方(現在の安城市、西尾市、額田郡幸田町)に伝わる民俗芸能。中(ちゅうけい)を持った太夫と、鼓を持った才蔵が祝言を述べ、を舞う。古くは「千秋万歳」とも呼ばれた新春の祝福芸。1995年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みかわまんざい【三河万歳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三河万歳
みかわまんざい

愛知県西尾市上町(かみまち)の森下万歳(西野町万歳)と、同県安城(あんじょう)市別所町の別所万歳の総称。しかし、この二つの万歳は別物である。森下の伝承演目は「御門開き」(御殿万歳とも)一つ。別所は「三羽鶴(さんばづる)の舞」「七草の舞」(以上旧風を称す)「天の岩戸開きの舞」(新風を称す)の三つ。しかし、同じ安城市でも福釜(ふかま)万歳は尾張(おわり)万歳系で、西尾市の隣の額田(ぬかた)郡幸田(こうた)町の万歳も同様で、三河万歳と尾張万歳は混同されやすいが、まったくの別種である。森下も別所も太夫(たゆう)と才蔵の2人1組で、太夫は烏帽子(えぼし)に大紋の直垂(ひたたれ)、才蔵は侍烏帽子に素襖(すおう)風のものを着るが、森下は太刀(たち)持ちを従える。ともに徳川家康と同郷国の縁で、江戸時代には苗字(みょうじ)帯刀の待遇を受けたが、現行四曲に徳川家をたたえる寿詞(ことほぎ)はなく、明治以降神道(しんとう)職的傾向を強め神道三河万歳を称したためか、皇祖をたたえる寿詞も混在する。来歴は森下が六説、別所が四説を伝え、不詳ながら文武(もんむ)天皇時代の吉良(きら)太夫を祖とする説は一致する。なお、別所万歳は万歳師の転居によって茨城県筑西(ちくせい)市にもある。

[西角井正大]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みかわ‐まんざい みかは‥【三河万歳】
〘名〙 三河地方を本拠として発達した万歳。また、その演者。烏帽子に大紋を着た太夫と鼓を打つ才蔵とが家々を回って祝言を述べ、こっけいな掛け合いを演じた。国の重要無形民俗文化財。《季・新年》
※談義本・艷道通鑑(1715)四「春の始より世事をわするる媒となせりける今の世、国ひろまりし三河万歳(ミカワマンザイ)は是也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三河万歳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三河万歳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation