@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三河湾国定公園【みかわわんこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三河湾国定公園
みかわわんこくていこうえん
愛知県南部,知多半島渥美半島三河湾沿岸を中心とする国定公園。面積 94.57km2。1958年指定。1965年伊良湖地区を追加指定。知多半島の西側は白砂青松の砂浜で海水浴場。南端には日間賀島篠島などの島々が点在している。の山には約 1万羽のが生息しており,国の天然記念物に指定されている。渥美半島の外側は,直線的で雄大な砂浜。先端の伊良湖岬付近には日出ノ石門,恋路ヶ浜の名所があり,近くに原生林も見られる。赤羽根付近は花の栽培が盛んで,温室が並ぶ。湾内の蒲郡西浦,形原,三谷(みや)などは観光拠点。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みかわわん‐こくていこうえん〔みかはワンコクテイコウヱン〕【三河湾国定公園】
愛知県南部、三河湾岸と渥美知多両半島、および湾内の佐久島・日間賀(ひまか)島などの島からなる国定公園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三河湾国定公園
みかわわんこくていこうえん

愛知県南部、三河湾沿岸と渥美(あつみ)、知多(ちた)両半島を中心とする海浜地域を占める国定公園。1958年(昭和33)指定。1965年伊良湖(いらご)地区を追加。面積94.57平方キロメートル。4市8町にわたり、蒲郡(がまごおり)地区、渥美半島地区、南知多地区の3地区に分かれ、年間約700万人の観光客を吸引している。

 蒲郡地区は、東海道本線の沿線で三谷(みや)、西浦、形原(かたはら)、吉良(きら)の4温泉旅館群を有し、竹島を中心とする蒲郡市内には三ヶ根(さんがね)山(326メートル)、大島などの山と海の観光拠点もあり、湾内には西浦温泉を経由して高速船による航路の便がある。渥美半島の岬端は、日本三大潮流の一つ伊良湖水道に臨む伊良湖岬で、外洋遠州灘(えんしゅうなだ)と波静かな内湾を一望におさめることができる希有(けう)の岬で白亜の伊良湖灯台、4.4キロメートル先には三重県神島(かみじま)があり、鳥羽(とば)港との間にフェリーも通っている。眼下には全国一の電照菊温室群があり、近くには松尾芭蕉(ばしょう)句碑「鷹(たか)一つ見付(みつけ)てうれしいらご崎(さき)」、島崎藤村(とうそん)の「椰子(やし)の実」の記念碑もある。また、田原は田原藩の旧城下町で家老渡辺崋山(かざん)の故跡に富む。南知多地区は漁港と海水浴場、観光みかん園などがある。三河湾三島の佐久(さく)島、篠(しの)島、日間賀(ひまか)島は海釣りの観光漁業の島、師崎(もろざき)と河和(こうわ)から高速船が通っている。三河湾背後の三ヶ根山、遠望峰(とぼね)山(436メートル)には三河湾スカイラインが通り、三河湾展望の好適地となっている。

[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みかわわん‐こくていこうえん みかはワンコクテイコウヱン【三河湾国定公園】
愛知県南部の国定公園。渥美・知多両半島海岸部と三河湾の島々から成る。昭和三三年(一九五八)指定。同四〇年に伊良湖地区を追加。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三河湾国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三河湾国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation