@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三法司【さんほうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三法司
さんほうし
san-fa-si
中国の制度。司法に関する3ヵ所の衙門。唐代には刑部御史台,大理寺を三司と称し,大きな司法事件は3司が合同して決定した。明代以後,御史台が都察院に変り,これに刑部,大理寺を合せて三法司と称した。重い死罪を犯しただちに死刑を執行さるべきもの (立決) には,三法司が会合のうえ,文書について審議し決定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんほうし【三法司 sān fǎ sī】
中国,司法関係の三官庁の併称。唐代では刑部(いわば法務省),御史台(いわば検察庁),大理寺(いわば最高裁判所)を三司と称し,重大事件はこの三司の長官をして会審せしめることとし,これを三司使といった。以後,元を除きおおむねこの制があり,明に及んで御史台を改めて都察院となし,かつ初めて三法司と称した。死罪中,立決に属するもの(直ちに刑を執行すべきもの)は三法司が会審して決定する。【谷 光隆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

三法司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三法司の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation