@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三波川変成帯【さんばがわへんせいたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三波川変成帯
さんばがわへんせいたい
関東山地から九州まで,中央構造線のすぐ南側帯状に延びる,低温高圧型の広域変成作用を受けた結晶片岩を多く産する地帯。南側は御荷鉾構造線に接する。 (→三波川変成岩 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんばがわ‐へんせいたい〔サンバがは‐〕【三波川変成帯】
関東山地にはじまり、中央構造線の南側を天竜川流域・紀伊半島四国を経て九州に至る、結晶片岩からなる地帯。1億~8000万年前の造山運動によって形成したといわれ、群馬県南部の三波川流域にみられるものが典型的。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんばがわへんせいたい【三波川変成帯】
関東山地にはじまり,中央構造線の外側に接して,中部地方天竜川地域から紀伊半島,四国を経て九州佐賀関半島まで,最大幅30kmで延長800km以上にわたり三波川結晶片岩(関東山地北部の三波川流域が模式地)が分布する地域をいう。黒色片岩(泥岩,砂岩に由来)や緑色片岩(玄武岩質凝灰岩に由来)等がみられ,ランセン石,ヒスイ輝石等が出現し,高圧の広域変成作用で形成された。この変成帯は,古くは小藤文次郎(1888)により太古代とされたが,最近,三畳紀を示すコノドント化石が発見され,原岩の時代は古生代後期~中生代中期と考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんばがわ‐へんせいたい さんばがは‥【三波川変成帯】
関東山地にはじまり、長野県伊那地方、静岡県西部、紀伊半島、四国を経て九州八代(やつしろ)に至る延長八〇〇キロメートル以上に及ぶ結晶片岩地帯。一部に藍閃石片岩、翡翠(ひすい)輝石を産する。群馬県三波川流域に分布する結晶片岩を三波川結晶片岩と呼んだことに由来する。中生代白亜紀最後期の造山作用によって形成されたと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三波川変成帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三波川変成帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation