@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三浦氏【みうらうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三浦氏
みうらうじ
平安時代以来,相模国三浦郡を本拠とした豪族桓武平氏の一支族と伝えられる。鎌倉幕府御家人として栄えたが,一族和田義盛が和田合戦 (1213) で滅びたのち,泰村のとき宝治1 (47) 年執権北条時頼と戦って敗れ,壊滅的打撃を受けた (→宝治合戦 ) 。のちその支族佐原義連の子孫が三浦郡に勢力を得たが,永正 13 (1516) 年北条早雲に滅ぼされた。陸奥の戦国大名蘆名氏はこの一族である。江戸時代美作勝山藩主三浦氏は泰村の弟家村の子孫で,正次のとき桓武平氏から清和源氏に改め,寛永7 (1630) 年下総矢作1万石を与えられたことに始る。明治になり子爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みうらうじ【三浦氏】
(1)相模国三浦出身の中世武家。桓武平氏。良茂流とも良文流ともいう。代々清和源氏に属して繁栄し,平安末期義明(よしあき)のとき初めて〈三浦大介(みうらのおおすけ)〉を称した。以後三浦氏の嫡流は代々〈三浦大介〉を称した。大介の呼称は相模介に由来するとする説もあるが定かではない。平安後期より三浦氏は房総半島に対峙する三浦半島を本拠に一帯海上を支配圏内におさえ,相模では最強ともいえる雄族であった。1180年(治承4)源頼朝の伊豆挙兵も,三浦氏の担があって初めて実現しえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三浦氏
みうらうじ
桓武平氏(かんむへいし)流。鎌倉時代の相模国(さがみのくに)(神奈川県)の豪族。出自については諸説あり、その有力な一つは、平為道(たいらのためみち)が前九年の役の戦功として1063年(康平6)相模国三浦郡を領して衣笠城(きぬがさじょう)(横須賀市)に居したのに始まるとするが、一説には平安中期に活躍した平良茂(よしもち)の孫三浦太郎公義(きみよし)からとする。義明(よしあき)の代に三浦大介(おおすけ)を名のり、これより三浦氏の嫡流は三浦介を称した。1180年(治承4)源頼朝(みなもとのよりとも)が伊豆に挙兵すると、義明と三浦一族は頼朝をたすけて功があり、のち義明の子義澄(よしずみ)は相模国守護、孫の和田義盛(わだよしもり)は侍所別当(さむらいどころべっとう)に任ぜられるなど、幕府の重臣として活躍。義澄の子義村(よしむら)は北条氏と協調して勢力を強め、泰村(やすむら)も同じく北条氏と姻戚(いんせき)関係を結んで強勢を誇ったが、1247年(宝治1)北条時頼(ときより)の策謀により一族はほとんど滅亡した(宝治合戦(ほうじかっせん))。このころ諸国に根を広げていた支族のなかから三浦介を継いだのは佐原盛時(さはらもりとき)で、ついで南北朝期には時継(ときつぐ)、高通(たかみち)ら子孫の活躍をみたが、義同(よしあつ)(道寸(どうすん))・義意(よしおき)父子の代の1516年(永正13)北条早雲(そううん)に滅ぼされた。ひそかに逃れた子孫のなかには、江戸幕府に仕えたり、明治には子爵や男爵を授けられた者がいる。[三浦勝男]
『高橋恭一著『三浦党と鎌倉武士道』(1942・長谷川書房) ▽永原慶二編『人物・日本の歴史 第四巻』(1966・読売新聞社) ▽『三浦大介義明とその一族』(1980・三浦大介義明公八百年祭実行委員会) ▽永井路子著『相模のもののふたち』(1978・有隣堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三浦氏
みうらし
中世,相模国の豪族。坂東八平氏の一つ
系図に異同があるが桓武平氏の一流。源義家に従い代々源氏に属す。義明のとき相模大介 (だいすけ) となり,これ以後三浦介と称した。頼朝挙兵に参加,戦功によって子義澄 (よしずみ) は相模国守護となる。鎌倉幕府創業以来の重臣として幕政に重きをなしたが,泰村のとき,執権北条時頼の挑発をうけて一族は滅亡(宝治合戦)。のち支族によって再興されたが,義同 (よしあつ) のとき北条早雲によって滅ぼされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三浦氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation