@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三浦環【みうら たまき】

美術人名辞典

三浦環
ソプラノ歌手。東京生。東京音楽学校卒。在学中に日本人によるオペラの初公演「オルフェオとエウリディーチェ」に主演する。欧米の大歌劇場で活躍し、日本人としては最初の国際的プリマ・ドンナである。昭和21年(1946)歿、63才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

みうら‐たまき【三浦環】
[1884~1946]ソプラノ歌手。東京の生まれ。ロンドンでオペラ「蝶々夫人」に主演して成功し、以後オペラ歌手として世界的名声を得た。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三浦環 みうら-たまき
1884-1946 明治-昭和時代のソプラノ歌手。
明治17年2月22日生まれ。東京音楽学校(現東京芸大)在学中,明治36年日本初のオペラ公演に参加。同校助教授,帝劇歌劇部をへて大正3年夫三浦政太郎とともに渡欧。翌年ロンドンで「蝶々(ちょうちょう)夫人」をうたって好評を博し,以後昭和10年の帰国までに欧米各地で2000回出演を記録した。昭和21年5月26日死去。63歳。東京出身。旧姓は柴田。著作に「歌劇お蝶夫人」。
【格言など】日本は文化では何一つ一等国の仲間入りをしてない(「自叙伝」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

三浦環
1884〜1946(明治17年〜昭和21年)【声楽家】プッチーニが「世界でただ一人の蝶々」と讃えたソプラノ歌手。 日本人初の国際的プリマドンナ。明治〜昭和期のソプラノ歌手。東京都出身。日本オペラ創成期の世界的プリマドンナ。1904年(明治34)東京音楽学校卒。在学中の1903年日本人による初の歌劇「オルフォイス」に出演。1910年帝劇歌劇部専属歌手となる。1915年(大正4)ロンドンで世界的指揮者ヘンリー・ウッドに見いだされ、欧米各地で「蝶々夫人」を公演して好評を博した。作曲家プッチーニは「世界でただ一人の理想的な蝶々」と激賞した。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みうらたまき【三浦環】
1884‐1946(明治17‐昭和21)
ソプラノ歌手。蝶々夫人を当り役として,国際的に活躍し,日本の演奏家の秘められた可能性を内外に強く印象づけた先覚者。1904年東京音楽学校卒業,同校助教授を務めたのち帝国劇場歌劇部で活躍。14年渡欧し,翌15年ロンドンで《蝶々夫人》に出演。16年シカゴ・オペラに招かれて渡米,18年にはメトロポリタン歌劇場でも蝶々夫人を歌った。その後欧米の歌劇場に出演,国際的歌手として名を上げた。36年帰国。《蝶々夫人》の主役を2000回以上演ずるという記録の持主であり,《世界のオペラ》(1912),《歌劇お蝶夫人》(1937)の著書もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みうらたまき【三浦環】
1884~1946 ソプラノ歌手。東京生まれ。東京音楽学校卒。帝国劇場歌劇部で活躍後渡欧し、ロンドンで「蝶蝶夫人」を演じて認められ、以後欧米で主演歌手として活躍、日本の生んだ初の世界的プリマドンナとなった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三浦環
みうらたまき
[生]1884.2.22. 東京
[没]1946.5.26. 東京
ソプラノ歌手。日本で最初の国際的なプリマドンナとして活躍。1904年東京音楽学校卒業。在学中日本人による最初の歌劇『オルフォイス』 (クリストフ・ウィリバルト・グルック作曲の『オルフェオとエウリディーチェ』) の主役となる。母校の助教授を経て帝劇オペラで活躍。1914年ドイツに留学,欧米各地で『蝶々夫人』に 2000回出演するなど人気を博した。『蝶々夫人』の訳詩も手がけた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三浦環
みうらたまき
(1884―1946)
ソプラノ歌手。旧姓柴田(しばた)。明治17年2月22日、東京に生まれる。1903年(明治36)東京音楽学校在学中、同校の奏楽堂で、日本人による最初のオペラ公演、グルックの『オルフェオとエウリディーチェ』でエウリディーチェ役を歌った。翌年卒業後、母校の助教授となるが、11年、帝国劇場歌劇部の主席歌手として迎えられる。13年(大正2)三浦政太郎と結婚。翌年5月渡欧し、ロンドンで指揮者ウッド卿(きょう)にみいだされ、同年秋、同地で演奏会を開き人気を博した。15年、ロシアの名歌手ロージンとプッチーニ作曲『蝶々夫人(ちょうちょうふじん)』を歌い大好評。以後、欧米各国で20年間に2000回にわたり蝶々さんを演じた。その明澄甘美な歌声は、作曲者のプッチーニに「わが夢」と激賛されるほどであった。35年(昭和10)帰国し、翌年、2001回目の『蝶々夫人』演奏会を歌舞伎(かぶき)座で開催。以後、死去までの10年間は日本で演奏・教育活動を行い、昭和21年5月26日、東京で死去した。[寺崎裕則]
『瀬戸内晴美著『お蝶夫人』(講談社文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みうら‐たまき【三浦環】
声楽家。東京生まれ。明治三六年(一九〇三)東京音楽学校在学中、日本最初のオペラ「オルフェウス」のソプラノで主演。帝劇歌劇部で活躍後、大正四年(一九一五)ロンドンでオペラ「蝶々夫人」の主役となり、以後欧米で名プリマドンナとして二千回余も蝶々夫人を演じ、国際的名声を博した。明治一七~昭和二一年(一八八四‐一九四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三浦環
みうらたまき
1884〜1946
明治〜昭和期の声楽家
東京の生まれ。東京音楽学校卒。ドイツ留学後,1911年帝国劇場専属のソプラノ歌手として日本で最初のオペラを上演。のちヨーロッパ・アメリカ各地にオペラ『蝶々夫人』をもって巡演し,世界的名声を博した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦環」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三浦環の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation