@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三浦義明【ミウラヨシアキ】

デジタル大辞泉

みうら‐よしあき【三浦義明】
[1092~1180]平安後期の武将相模の人。三浦郡の豪族で、源頼朝挙兵に呼応して子の義澄らを遣わしたが、自らは平氏側の畠山重忠らに攻められ、衣笠城戦死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三浦義明 みうら-よしあき
1092-1180 平安時代後期の武将。
寛治(かんじ)6年生まれ。三浦義継(よしつぐ)の子。相模(さがみ)(神奈川県)三浦荘を本拠とし,三浦大介(おおすけ)を称した。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵に子の義澄らを派遣したが,石橋山の敗戦をきいて衣笠(きぬがさ)城に籠城,平家方についていた畠山重忠らの来襲をうけた。一族を脱出させてひとり城にとどまり,同年8月27日討ち死に。89歳。
【格言など】われ源家累代の家人として幸いにその貴種再興のときに逢うなり(「吾妻鏡」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三浦義明
みうらよしあき
(1092―1180)

平安後期の武将。義次(よしつぐ)(継)の子。三浦大介(おおすけ)を名のり、以後三浦氏の嫡流は三浦介を称した。1180年(治承4)頼朝(よりとも)の挙兵に呼応し、石橋山の戦いに子の義澄(よしずみ)らを遣わしてたすけたが、畠山重忠(はたけやましげただ)、河越重頼(かわごえしげより)、江戸重長(えどしげなが)らに本拠衣笠(きぬがさ)城(神奈川県横須賀市)を攻められて落城。89歳の義明は、老命を頼朝のために捨てて子孫の勲功を募りたいといって、義澄ら一族を頼朝のもとに赴かせ、ひとり城にとどまって最期を遂げた。源氏再興のために忠誠を尽くした雄将である。

[三浦勝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みうら‐よしあき【三浦義明】
平安末期、源氏の武将。相模国(神奈川県)三浦の人。頼朝挙兵の際、子義澄ら一族をして忠を尽くさせたが、自らは平氏側の畠山重忠に攻められ、衣笠城で敗死した。寛治六~治承四年(一〇九二‐一一八〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦義明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三浦義明の関連情報

関連キーワード

源平の合戦マリクシャーニザームル・ムルク以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation