@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

三渓園【さんけいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三渓園
さんけいえん
横浜市中区本牧 (ほんもく) 三之谷にある日本式庭園。面積 19万m2三渓と号した豪商原富太郎が,明治末期から大正末期にかけて造った名園。台地が断崖になって東京湾にのぞむ地にあり,外苑内苑から成る。三渓はここをみずからの住いとし,ここに日本各地のすぐれた建物を収集,庭の景色と地形に調和させて配置した。それらは室町時代の灯明寺三重塔,江戸時代初期の臨春閣や聴秋閣など,いずれも重要文化財レベルの質の高さを誇る。三渓生前から外苑は一般に公開されていたが,第2次世界大戦後,三渓園保勝会の所有となり,内苑も一般に公開されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんけい‐えん〔‐ヱン〕【三渓園】
横浜市中区本牧にある日本式庭園。三渓と号した明治時代実業家、原富太郎が築造。臨春閣など、重要文化財に指定された建造物が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんけいえん【三渓園】
横浜市中区本牧三ノ谷に所在する庭園。本牧海岸には三つの谷があり,西から3番目の谷を中心として19haの広さをもつ。地域内もいくつかの谷が刻まれ,この自然の山と谷を生かして,低地に池を掘り中島をきずくものの,人工の目立たない庭園である。横浜を中心に活躍した実業家また美術収集家,茶人でもあった原富太郎(号は三渓,1868‐1939)がつくったもので,外苑と内苑に分かれ,内苑には旧紀州徳川家別業の臨春閣,二階楼閣をもつ聴秋閣,茶室春草蘆等の三渓の収集になる重要文化財建築がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

三渓園
さんけいえん
横浜市中区本牧(ほんもく)三之谷にある大庭園。横浜の実業家原富太郎(号三渓。1868―1939)が1905年(明治38)に築造した。翌年から一般に公開され、1953年(昭和28)からは財団法人三渓園保勝会の手に移され、年末を除いて公開されている。
 海岸に近い、自然の山や谷の地形を利用してつくられた約5万8000坪(約19万1400平方メートル)の日本庭園で、海景を取り入れた自然式総合庭園。左右に池泉と丘、正面に三重塔が見えるよう地割され、明治から大正にかけて関西や鎌倉から移した建造物を巧みに配置する。室町時代の旧燈明寺(とうみょうじ)三重塔、桃山時代の伏見(ふしみ)城遺構・月華殿、江戸初期の徳川家別邸・臨春閣、二条城にあった聴秋閣、織田有楽(うらく)の茶室・春草廬(しゅんそうろ)、さらに飛騨(ひだ)の合掌造の民家・旧矢箆原(やのはら)家住宅など(いずれも国の重要文化財)がある。国指定名勝。[重森完途]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんけい‐えん ‥ヱン【三渓園】
横浜市中区にある日本式庭園。三渓と号した明治時代の実業家原富太郎が築造。桃山時代の月華殿、徳川家別邸の臨春閣など重要文化財に指定された建造物がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三渓園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三渓園の関連情報

他サービスで検索

「三渓園」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation